男子シングルスは第1シードの三井駿介とノーシードの金田拓渡が決勝へ [第44回全中]

写真拡大 (全7枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)の大会5日目は、男女個人戦のシングルス準々決勝、準決勝、ダブルスの準決勝が行われた。

 男子シングルスは第1シードの三井駿介(清水町立清水)とノーシードの金田拓渡(鎌ケ谷市立第四)が決勝へと勝ち進み、ダブルスは松尾滉哉/小林良徳(土浦市立土浦第二)と小澤夏輝/中基(小平市立小平第二)が明日の決勝で激突する。

◇   ◇   ◇

 トップシードの三井は、安定したプレーぶりで決勝に駒を進めた。準々決勝は庄子大慎(海老名市立大谷)を8-0で圧倒すると、準決勝の山田倫太朗(清瀬市立清瀬第二)に対しては、ギアをさらに上げて強襲。テンポよくポイントを積み重ねて6-1 6-2で決勝進出を決めた。

「決勝に進めて、少しホッとしている」と三井。大会序盤は緊張からミスも多かったが、相手がより強くなるにつれ、パフォーマンスも上昇。昨年の準決勝は、優勝した齋藤惠佑にダブルベーグル(0-6 0-6)を喫したこともあり、「去年の悪い印象を引きずらずにプレーできてよかった」と笑みがこぼれた。

(写真)三井駿介

 山田は、準々決勝で同じ2年生の小泉熙毅(新座市立新座)を8-5で破ったものの、三井の前で力尽きた。すべてが後手にまわり、最後は「何でもないところでミスをしてしまった」。だが、1回戦後に語った「ベスト8、ベスト4入り」の目標は見事に達成。結果は合格点だが、「ここまで来たら、やっぱり優勝したかったですね」と苦笑いを浮かべた。

(写真)山田倫太朗

 三井と決勝を戦うのは金田。準々決勝までにシード勢2名を打ち破り、今日は第3〜4シードの下村亮太朗(横浜市立市ケ尾)を8-2で圧倒。準決勝は同じくノーシードから駆け上がった菅谷優作(仙台市立将監)に付け入る隙を与えないまま6-2 6-1で勝利を収めた。

「全国大会で決勝に行くのは初めて。本当に信じられない」と驚きを隠さない金田。並みいるシード勢を連破してもなお、自信がある体力面は「まだ余裕がある」という。準決勝は技術力に長けた菅谷に対し、トップスピンを効かせたボールを駆使してコート内でプレーさせないことを意識。それが見事にはまり、決勝進出を決めた。

(写真)金田拓渡

 ベスト4に終わった菅谷だが、準々決勝の木原啓太(加須市立加須平成)戦では1-5から一気に7ゲーム連取する力を見せつけた。準決勝に関しては金田の鋭いショットに苦しみ、「自分からのミスが増え、集中力も上がらなかった」と肩を落とす。まだ2年生。来年はさらにたくましくなった姿に期待したい。

(写真)菅谷優作

 決勝は三井と金田の対戦となった。両者初対戦となる一戦に向け、三井は「勝ち負けに関係なく、自分のプレーを出し切りたい」と語り、金田は「相手はすごく強い選手。挑戦者の気持ちで1ゲームでも多く取りたい」と意気込みを語った。

 男子ダブルス準決勝は、松尾/小林が森田篤郎/日野健太(甲南)を6-1 6-1で破り、一方のヤマは小澤/中が高田順平/宮地吾侑(名古屋)を6-1 2-6 [11-9]の接戦を制して、日本一に一歩近づいた。

 松尾/小林は、森田/日野が得意とするポーチを強打で封じこめて勝機を見出した。それ以外にも「落ち着いてプレーできたことがよかった」と松尾。完全に流れに乗る土浦第二ペアが、堂々の決勝進出を決めた。小林は「明日は今日以上にいいプレーをして、優勝を目指したい」と語気を強めた。

(写真)小林良徳/松尾滉哉

 準決勝を接戦で制した小澤/中だが、今大会はリードする場面から追いつかれることが何度もあった。それでも「最後に強気のプレーができ、勝ててよかった」と小澤。プレーの波は自覚するものの、決勝に勝ち進む実力は見事。明日の決勝に向けて、中は「相手に気持ちで勝つつもりで頑張りたい」と語った。

(写真)中基/小澤夏輝
 
 大会最終日の24日は、男女シングルス決勝とダブルス決勝が行われる。9時30分から試合開始予定。

Tennis Magazine/編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、準決勝で対戦した金田拓渡(左)vs菅谷優作