[8.23 ACL準々決勝第1戦 川崎F3-1浦和 等々力]

 “一人スルーパス”からの股抜きで勝負ありだった。川崎フロンターレは前半33分、PA手前からMF中村憲剛が縦パスを入れる。MF家長昭博には合わなかったが、自らボールを追いかけ、エリア内に走り込むと、DFマウリシオの股間を抜くドリブル突破。深くえぐってマイナスに折り返し、FW小林悠の先制点をアシストした。

「ドリブルもあるんだよと。たまには見せないと」と笑った中村は“一人スルーパス”について「アキ(家長)とワンツーしようと思ったけど、届かなかったのかな。自分で行けるなと思って」と明かす。「マウリシオ選手がカバーに来たけど、ちょうど股が空いていて……」。ワンタッチで股間を通し、「自分で打とうかとも思ったけど、(小林)悠が見えたので、より確率の高いほうを選んだ」と、冷静にお膳立てした。

 中村が後半25分にベンチへ下がったあとの後半31分に失点。2-1と1点を返されたが、同40分に小林が再びゴールを決め、3-1と突き放した。アウェーゴールを許したものの、ホームでの第1戦で2点差勝利。「小さくない勝ちだと思う」と胸を張る。

 第2戦は9月13日に浦和のホームで行われる。「浦和も監督が代わってまだ日が浅い。9月の試合まで時間もあるし、僕らもどういう状況になっているか分からない」。初のACL4強を懸けた戦いはまだ半分が終わっただけ。「今日のことは忘れていい」と力説した。

(取材・文 西山紘平)


●ACL2017特設ページ