6人目のモンスターはACE/撮影=山田大輔

写真拡大

「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)新モンスター最後の一人はACE。変幻自在のフロウと硬いライムで2011年度の「B-BOY PARK MC BATTLE」優勝。路上ライブ「渋谷サイファー」やイベント「ADRENALINE」を主催し、現在のフリースタイルラップブームを牽引する一人だ。「フリースタイルダンジョン」では隠れモンスターや病欠のサイプレス上野の代打として登場したことも。ラスボス・般若の通訳、山下新治との関係性も気になる中、ACEのバトルが始まる。

【写真を見る】ACEのグラビア&バトルシーンSHOT集/撮影=山田大輔

■ テレビで言いたい放題言える「いい修業の場」

――新モンスターとしての意気込みは?

僕は情報早いんで(Zeebraから)電話がかかってきた時は、やっと来たかと。二つ返事で受けましたね。その後、直接会った時も改めて言われました。今まで隠れモンスターとして参加したのも、このための布石だったのかなと。

「フリースタイルダンジョン」にモンスターとして参加することは、いい修業の場だなと思っています。月一(の収録)で必ず来るストレス発散。雑魚殺し。自分を鍛えられるいい修業の場だなと。テレビで言いたい放題いえる、好き勝手やりたい放題できるっていう、そういう場を設けていただいて本当にありがとうございます…という気持ちですね。

あとはブラジルの家族に頑張ってる姿が届くといいなって思ってます。

――ご実家、新宿だと聞いていましたが…(笑) 対戦してみたい相手はいますか?

真剣に考えたんですけど、一回自分とやってみたいですね。自分がどれだけ強いのかなって。クローン技術を隠れながら研究している科学者の方、ご連絡ください。

――「フリースタイルダンジョン」の新モンスターとして、また様々なイベントを主催するACEさんとして、今後のシーンに期待することは?

とりあえず期待するのはラッパーの平均年収が億を超えるビジョンですかね。そんくらいにしたい。「ラッパーってメッチャ金持ちだね」って言われないじゃないですか、今。「青学の女子、基本ラッパー彼氏」みたいな、そういう時代を見たいです。

だから仕事いっぱいください。いろいろな媒体の方がいると思うんですけど、まだラップに目をつけてないメディアは自分の無能さを悔いて、今からでも遅くないのでいっぱい話しかけてください。

――最後に「フリースタイルダンジョン」の視聴者にメッセージをお願いします

暇があれば一度ブラジルに旅行に来てみてください!