道内の名店ばかりが集まる「北海道ラーメン道場」。入り口前には一幻のお客さんで行列ができる

写真拡大

希少な甘エビの頭部を大量に使ったラーメンで知られる札幌の超人気店「えびそば 一幻」は、新千歳空港にもお店があり、いつも大行列。待ってでも味わうべきおいしさの秘密とは……?

えびそば 一幻 新千歳空港店/えびそば 一幻のラーメンを食べて帰りたいという人が多く、いつでも行列ができる

メニューは「えびしお」「えびみそ」「えびしょうゆ」の3種。ラーメンの核となるダシは、大量の甘エビの頭部。大きな寸胴に入れて、じっくり煮込むことで、エビ本来のうま味を引き出します。さらに香ばしい特製エビ油、および背脂と一緒に中華鍋で炒めることで、深いコクと濃厚なエビの風味を感じる基本のスープが完成するそう。

注文時には、メニューに合わせてこのスープを2種から選ぶことができます。基本のエビスープだけで作る「そのまま」、エビスープに豚骨のうま味を加え、こってり系に仕上げた「あじわい」から、好みのタイプをチョイスしましょう。

特製麺も2種から選択できます。もちもちとした食感の極太麺は、コク深いスープとの絡みがよく、食べ応え抜群です。

つまり、「えびそば 一幻」は3種の味、2種のスープと麺を組み合わせて自分好みの一杯が作れるんです。どの組み合わせにしてもおいしくなるように作っているというけれど、ベストな組み合わせがあるなら知りたいですよね? 

店長さんにお願いしてみたところ、「今回は食べ応えのある太麺で、味噌、塩、醤油の味わいと、自慢のスープとのバランスが良い組み合わせをお教えしますね」と、快く答えてくれました。

■ えびしお×そのまま×太麺 780円

エビの風味を強く感じられる店イチオシの一杯。まろやかな塩気は、素材の風味を際立たせてくれるので、あえてストレートのエビスープを選んで。エビの甘みが際立ちます。

■ えびみそ×あじわい×太麺 780円

こってり系を食べたいならこの組み合わせがおすすめ。豊かな味わいの味噌に、こってりとした豚骨を合わせたパンチのある味わい。ふわりと香るエビが上品です。

■ えびしょうゆ×そのまま×太麺 780円

子供からお年寄りまで、誰もがおいしく味わえる組み合わせがこれ。香ばしい醤油がエビの風味を引き立てながら、後味があっさりとしています。

すべてのラーメンに、ダシを取った甘エビの頭を香ばしく焼いて粉砕したエビ粉や、エビで風味付けした紅生姜の天かすがトッピングされていて、飽きることなくエビの風味を堪能できます。店長さんのアドバイスを参考に、自分だけの一杯を見つけてくださいね。

えびそば 一幻 新千歳空港店 ■住所:千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル3F ■電話:0123・45・6755 ■時間:10:00〜21:00(LO20:30) ■休み:なし ■座席:38席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】