重要なホームゲームで小林が躍動!貴重な2ゴールを決めた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ACL準々決勝・第1戦の川崎対浦和が23日、等々力競技場で行なわれ、川崎が3-1で勝利した。殊勲の2得点を挙げた小林悠が、試合後のフラッシュインタビューで自身のゴールを振り返った。

​​​​​​【ACL川崎3-1浦和 PHOTO】ホームの川崎が小林悠の活躍で浦和に先勝!
 
 1点目は「(中村)憲剛さんが抜け出した時にマイナスのスペースが空いていました。自分の動きをよく見てくれて、本当に良いボールをくれたので決めるだけでした」。2点目についても「(家長)アキくんが自分の特長を生かして滞空時間の長いボールをくれたので、しっかり合わせられました」とコメント。さらに「合わせるだけの優しいパスでした」と川崎が誇るふたりの司令塔を絶賛した。
 
 第1戦に3-1で勝利した川崎は、第2戦のアウェーゲームで引き分け以上なら無条件で準決勝進出。負けても1点差以内、もしくは2-4や3-5でも4強入りが決まる。ただ、小林はあくまで勝利を見据えており、「アウェーゴールを決められましたが、次もしっかり勝てば問題ないので良い準備をしたいと思います」と気持ちを切り替えていた。