正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。

でもだからこそ、大切なパートナーには正直になって、ありのままの自分を見せるべきではないでしょうか。そうすることで「真の愛」にたどり着けるかもしれません。

Elite Daily」のCaitlyn Luce Christensenさんが提案する「パートナーに正直に伝えるべき5つのこと」は、案外シンプルなものだけど、意外と話せていないカップルって多いのでは。

一生忘れない最高の思い出から、過去に頭を悩ませたちょっとシリアスな出来事まで。自分の過去をパートナーに打ち明けられるようになると、ふたりの距離はぐんと縮まるもの。

相手の過去を知ると、ずっと前から相手のことを知っていたかのような不思議な感覚になるんです。もしすでにパートナーがあなたにぞっこんなら、幼少期の話を持ち出すだけでさらにあなたに惹かれてしまう可能性も。

もちろん中には、あまり触れたくない過去もあるでしょう。ですが、もしお互いの気持ちを気にかけることができているのなら、隠れた一面を見せてみては?少し勇気のいることかもしれませんが、これこそがふたりの愛を深めるベストな手段です。

最近流行りの「Netflix and Chill (Netflixを見ながらダラダラする)」のせいなのか。それとも「付き合わないライトなデート」が増えてきているからなのだろうか。理由は何であれ、どうやら現代っ子は言葉で愛情を示すのが苦手のよう。ひょっとしたら「好き」の一言に「結婚も見据えないと」という変なプレッシャーを感じているのかもしれません。

でも、やっぱり褒め言葉って嬉しいもの。たとえば私なんて、いくつかデートを重ねた相手に「君、かわいいね」と言われるだけで顔がぽっと赤くなるんです。絵文字で表すと、目がハートになっているあの子。その関係が長続きするかしないかは別として、そう言われた瞬間、彼への愛が増すのは確か。

関係を続けていきたいのなら、どんなに些細でも「愛情表現」を口にすることが大切です。すると相手は必要とされていると感じられますし、言葉という「形」として愛情を受け取ることができます。このようにわかりやすく表現してこそ、ふたりの絆は深まるのです。

あなたは、どんな時に「愛」を感じますか?

疲れている時にパートナーが肩を揉んでくれる時?それとも前のめりになってあなたの1日について話を聞いてくれる時?

また、ストレスを感じている時や壁を乗り越えようとしている時、あなたはパートナーからのサポートを頼りにするほうですか?それともストレスは自分で発散したいタイプですか?

人それぞれ、どんな言葉や行動に愛を感じるかは異なります。後々苦労しないためにも、これはできるだけ早い段階で把握しておきましょう。何せ、愛されていることを感じ取れないと、愛とは衰弱してしまうもの。だからこそお互いの「愛し方」を前もって知っておけば、相手が「愛されていない」と感じることもなくなるでしょう。また相手の愛情表現を知ることで、より相手からの愛が読み取りやすくなるはず。

たとえば「I love you」と口にしないパートナーと付き合ったとしましょう。ひょっとしたら、ダイレクトに言葉にするのは苦手かもしれないけど、その代わりに週末に一緒に過ごす時間を確保してくれることこそが、彼なりの愛情表現なのかもしれません。あらかじめそうと知っていると、不安が軽減されるでしょう?

相手の「愛の言語」を知ることができると、愛情が深まった時もそれをちゃんと感じ取ることができます。この感覚こそが、恋愛の醍醐味と言えるかも。

付き合っていく過程でパートナーに傷つけられてしまうことってあるもの。ほとんどの場合は意図的じゃない…と願いたいところですが、理由は何であれ、パートナーに「傷ついていること」を知ってもらうことが重要です。

片方の頑張りだけでは、愛情は深まらないもの。傷つけられた側がパートナーにそうと伝え、傷つけた側は反省し、行動を改めることでようやくふたりの絆が深まるのです。

もしパートナーがあなたの気持ちを考慮してくれないのなら、残念ながらこの先もあなたは傷を負い続けるでしょう。さらにはこのような関係性のまま「依存」してしまうと、もっと危険なので要注意です。

もし相手の行動に違和感を感じるのなら、素直に相手に伝えましょう。それで逃げてしまうくらいなら、それまでだと思うこと。思いやりのない相手と付き合っても、あなたが苦しむだけですよ。

これはしっかりと相手に伝わるよう、詳しく説明してあげましょう。

だって辛い時期も、パートナーのサポートがあったからこそ乗り越えられてきたはず。なんとか明日を迎えることができるのも、出会った日からパートナーがそばで支えてきてくれたから。それがどれだけ自分にとって大切なことかを、しっかりと相手に伝えることに意味があるのです。

パートナーが自分の人生にどのような影響を与えているかを伝えてあげるのも◎。パートナーといることで、あなたはどのような成長を成し遂げましたか?相手のどのような心遣いが、自分のベストを引き出してくれていますか?彼らがしてくれていることに「気づいてあげること」も大切な心掛けです。

残念ながら、愛とは強要できるものではありません。ですが、幸い人は「愛されている」と感じると、もっと愛をもって接するようになるものです。だから本当に愛されたいのなら、包み隠さず自分をさらけ出しましょう。そうすれば、相手はあなたのありのままを愛するほかないのですから。

Licensed material used with permission by Elite Daily