2ゴールを挙げ勝利に貢献した小林。日本代表のハリルホジッチ監督の前で結果を出した。写真:徳原隆元

写真拡大

[ACL準々決勝1stレグ]川崎 3-1 浦和/8月23日/等々力

 川崎が小林の2ゴールなどで3-1で勝利し、浦和に先勝した。

​​​​​​【ACL川崎3-1浦和 PHOTO】ホームの川崎が小林悠の活躍で浦和に先勝!

 4-2-3-1を採用する川崎に対し、浦和は5-3-2の守備的な布陣で対抗。前半はともに慎重な立ち上がりを見せ、20分過ぎにようやく川崎の小林が両チームを通じ初めてのシュートを打つスローな展開となる。

 しかし徐々にゴールへの圧力を強めたのは川崎。そして33分、川崎は中村憲剛が家長昭博とのワンツーに失敗するものの、自らドリブルで持ち込み、浦和DFマウリシオを股抜きで突破。そのまま中へ切れ込み、ラストパスを送ると、これに反応した小林悠が左足で流し込み、ゴールネットを揺らす。川崎が先制に成功した。

 川崎の1点リードで前半を折り返すと、後半立ち上がりに川崎が再びラッシュをかける。48分にFKから阿部浩之が惜しいシュートを放つと、50分にはカウンターから小林が抜け出し強烈な左足のシュート。これはGK西川周作に弾かれたが、こぼれ球をエウシーニョが詰め、ゴールに押し込んだ。川崎がリードを2点に広げる。

 苦しくなった浦和だが76分、青木拓矢のパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出した武藤雄樹がGKチョン・ソンリョンとの1対1を制し、ゴールに流し込む。浦和がアウェーゴールを奪う。

 しかし川崎は86分、ドリブルで左サイドを突破した家長からのクロスを小林がヘディングシュートでネットを揺らす。川崎が再び2点のリードを奪う。

 結局、1stレグは川崎が3-1で勝利。初のACLベスト4へ大きく前進する勝利となった。

 また、この試合は日本代表のハリルホジッチ監督も視察。川崎の小林にとっては、代表入りへ大きなアピールとなった。