さまざまなサービスへ集まる不満がひと目でわかる「DownStatus」

写真拡大 (全2枚)

DownStatus」はネット上の人気サービスへのユーザーの不満を可視化しているサービスです。

Twitter(ツイッター)のツイートをもとに、ネガティブな意見が何件投稿されているのかが集計されています。集計対象となっているサービスは、TwitterやFacebook(フェイスブック)、Googleなどの有名なサービスが中心です。

Screenshot: DownStatus

たとえば、Facebookだと上記のような結果になりました。

1時間おきに不満の数が集計されています。右側では、地図上でどの地域から不満が出ているのかを表示。実際にどのような意見が投稿されているのかも確認できますよ。

サービスの障害や不具合などで不満を感じたときにのぞいてみると、同様の意見を持ったユーザーを探せるかもしれません。ぜひご活用ください。

Source: DownStatus

Screenshot: DownStatus