カマタマーレ讃岐のDF李栄直とFC町田ゼルビアのDF金聖基が北朝鮮代表に選出された。両クラブが22日、公式サイト上で発表。仙台MF梁勇基と合わせ、Jリーグから計3人が選ばれた。

 2人はいずれも、9月5日に平壌で行われるアジア杯2次予選のレバノン戦に参加。同2日に行われるJ2リーグ第31節には出場できない。

 李は「今回も選出していただきとても光栄に思います。 国を背負って闘って成長して帰ってきますので応援よろしくお願いいたします」、金は「今回、約2年ぶりに代表に入ることができ、とてもうれしく思います。国を背負って戦うことは、より責任も出てきますので、これまで培ってきたことをしっかりと出してチームに貢献できるよう頑張りたいと思います」とコメントしている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧