銀杏BOYZの三ヶ月連続リリース・シングル、第二弾「骨」のミュージックビデオが公開された。

 ミュージックビデオでは、高円寺の商店街を背景に峯田和伸と麻生久美子がひたすら歩き続けている。この二人は、NHKBSプレミアムドラマ『奇跡の人』でも共演しており、峯田x麻生の二人が歩く姿は2003年に公開された映画「アイデン&ティティ」(原作:みうらじゅん)をも彷彿させる内容となっている。途中で現れる前野健太にも注目だ。

 今作「骨」は、前作「エンジェルベイビー」でとは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品。M1「骨」は、2016年に安藤裕子に楽曲提供した曲でもあり、峯田が弾き語りで演奏した同曲は、自身が主演を務めたNHK プレミアムドラマ「奇跡の人」のエンディングでも使用。今回のシングルでは、ついにバンドアレンジさせたものを収録している。M2「円光」は、2005年にリリースしたファーストアルバム『DOOR』に収録されている「援助交際」のタイトルを変更した楽曲であり、2017年の今だからこそ表現できた仕上がりとなっている。また、今回のレコーディングには銀杏BOYZのツアーでも演奏をしている岡山健二(classicus)がドラムで、加藤綾太(2)がギターで参加している。さらにゲストミュージシャンとして、前作でも参加したUCARY VALENTINEがノイズを始めとしたプログラミングとコーラスで再び参加している。シングル「骨」は8月30日リリースとなる。

◎銀杏BOYZ - 骨(MV)
https://youtu.be/9axEhpMnBrA

◎リリース情報
シングル「骨」
2017/8/30 RELEASE
SKOOL-041E 1,200(tax out.)

<収録曲>
01.骨
02.円光