4VCOアナログ・シンセサイザーの名器がiOSで復活、「KORG iMono/Poly」登場

写真拡大

数々のシンセサイザーの名器をiPad/iPhone用アプリとして蘇らせてきたコルグが、アナログ・シンセサイザー「Mono/Poly」を完全再現した「KORG iMono/Poly」をリリース。9月30日までは33% OFFの発売記念特別価格で発売中だ。

オリジナルの「Mono/Poly」は、1981年に「Polysix」と同時に登場。4VCOの分厚いモノフォニック・シンセサイザーでありながら、4ボイスのポリフォニック・シンセサイザーとしても使用できるという画期的なアイディアで人気となった。4つのVCOに、VCF専用のエンベロープ・ジェネレーター、さらにシンクロおよびクロス・モジュレーションも搭載し、きめの細かい音作りと独特のサウンド・キャラクターでも高い評価を得た。

今回登場のiPad/iPhone用アプリ「KORG iMono/Poly」は、オリジナルの「Mono/Poly」のすべてのフィーチャーを完全に再現しただけでなく、現在のシーンで有用な新機能を搭載。2台のマルチ・エフェクト、8系統のバーチャル・パッチなどを備え、より強力なシンセサイザーになっている。

「iMono/Poly」は、オリジナルの分厚いサウンドやパラメーターの挙動を、コルグ独自の電子回路モデリング・テクノロジーCMT(ComponentModeling Technology)により忠実に再現。Mono/Polyならではのユニークなキー・アサイン・モードは4倍の厚みを作るUnison、和音構成をメモリーして指一本で演奏できるChord、オリジナルのMono/Polyと同じ4ボイスのポリフォニック演奏ができるOriginalに加え、4VCOすべてを使った厚みのある強力なPolyモードを新たに搭載。最大同時発音数32音を実現し、より多彩な演奏が可能だ。

多彩な音作りを極限まで広げてくれるのが、8系統のバーチャル・パッチ機能。MG/EG/ベロシティ/キーボード・トラックなど159種のモジュレーション・ソースで、オシレーター・ピッチ/レベル/フィルター/MG/EG など35種ものデスティネーションをモジュレート可能。加えて2台のマルチ・エフェクトにより、複雑で幅広い音作りが行える。

さらに「iMono/Poly」ならではの機能をフル活用した128種類の最新プリセット・サウンドを内蔵。ベーシックな音色を豊富に揃えたテンプレート機能も用意され、シンセの音作りに不慣れなユーザーでも、求めるサウンドにカンタンにたどり着くことができるのも見逃せない。また、追加サウンドを収録したプログラム・パックも提供、アプリ内で購入可能だ。

同社の音楽制作アプリ「KORG Gadget」との連携にも注目。Gadget内に「Montpellier」ガジェットとして、「iMono/Poly」が出現。プリセット・サウンドはもちろん、ユーザー・プログラムもそのまま使用できる。また、Audiobus、Inter-App Audioにも対応し、GarageBandの音源としても利用可能だ。なお、「KORG Gadget for Mac」については、今後のアップデートで追加予定となっている。

製品情報
<動作環境>
OS:iOS 9.3以降
デバイス:iPad Pro、iPad 第5世代、iPad Air 2、iPad Air、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2
iPhone 7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPod touch 第6世代
※より快適に使用するために最新のiPad/iPhoneを推奨。

◆KORG iMono/Poly
価格:3,600円(税込) ※2017年9月30日まで発売記念特別価格 2,400円
発売日:2017年8月23日