レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、5試合の出場停止処分が確定したことについてSNSで不満を表している。

 C・ロナウドは現地時間13日に行われたスペイン・スーパーカップ1stレグのバルセロナ戦で退場処分を受けた。ゴール後にユニフォームを脱いだことに対して1枚目、転倒したプレーがシミュレーションとみなされて2枚目のイエローカードが提示されての退場だった。

 判定に納得がいかなかった様子のC・ロナウドは、主審の体を押すという行為に出てしまった。試合翌日には退場処分に対して1試合、主審を押したことに対して4試合、計5試合の出場停止処分が下された。

 マドリーは2枚目のイエローカードの判定を不服としてスペインサッカー連盟(RFEF)の上訴委員会に異議申し立てを行ったが、処分は覆らず。続いてスポーツ仲裁裁判所(CAS)にも訴えを提出していたが、こちらも22日に棄却され、5試合の出場停止処分が最終的に確定した。

 C・ロナウドはこの決定に対し、インスタグラムでメッセージを投稿。「またしても理解不可能な決定だ。不正義に不正義が重ねられたが、何事にも屈することはない。いつも通り、さらに強くなって戻ってくる。サポートしてくれるみんなにありがとう」と同選手は述べている。

 C・ロナウドはすでにバルサとの2ndレグと、リーガエスパニョーラ開幕戦のデポルティボ戦を欠場。さらにバレンシア戦、レバンテ戦、レアル・ソシエダ戦を欠場することになる。一方、出場停止の影響を受けない23日のベルナベウ杯フィオレンティーナ戦には出場が見込まれている。

text by 編集部