ドルトムント解任のトゥヘル監督に栄転話浮上 プレミア王者チェルシー次期監督候補に

写真拡大

コンテ監督はチェルシー首脳陣との関係悪化 クラブは後任監督をリストアップと報道

 昨季限りでドルトムントから解任されたトーマス・トゥヘル監督が昨季プレミア王者チェルシーの次期監督候補にリストアップされていると、ドイツ地元紙「シュポルト・ビルト」が報じている。

 ドルトムントから追われるようにして去ったドイツ人戦術家にプレミア王者への栄転話が浮上している。チェルシーはイタリア人の闘将アントニオ・コンテ氏が率いている。昨季就任1年目でプレミアリーグ優勝に導くなど絶大な手腕を示しているが、今季は昨季FA杯王者アーセナルとのコミュニティ・シールドでPK戦の末に破れ、開幕戦で格下のバーンリーに2-3で敗れるなど、出だしはスムーズにいかなかった。

 強敵トットナムとのロンドンダービーを制覇したが、エースストライカーのディエゴ・コスタに携帯のメッセージで戦力外を伝えるなどのトラブルを引き起こしたコンテ監督は、首脳陣との関係が悪化しているという。

 オーナーのロマン・アブラモビッチ氏の右腕で、フットボール界で最もパワフルな女性と呼ばれるクラブ幹部のマリナ・グロナフスカイア女史は、バルセロナのルイス・エンリケ前監督とトゥヘル氏を後任にリストアップしていると報じられている。

 対戦相手に応じて選手やシステムを猫の目のように変える戦術家は選手の忠誠心を手にできなかった。ハンス・ヨアヒム・ヴァッケCEOら首脳陣との確執も浮上する一方で、昨季DFBポカール優勝に加え、UEFAチャンピオンズリーグ8強という成果ももたらしている。

 ドルトムントからチェルシーに若き戦術家はステップアップできるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images