見た目もキレイで仕事もできる……モテ自慢をしてくる女友達に対して会うたびにイライラしているのでは? とはいえ、一方的に縁を切るわけにはいきません。
そこで今回は、モテる女友達に嫉妬したときの対処法をご紹介いたします。

本当にモテているかは分からない

彼女のモテ自慢にそろそろ限界を感じているなら、一歩後ろへ下がって客観的に考えてみましょう。彼女が大きく言う割りには、彼氏もいないし、定期的に異性とデートしている様子もないなら、あくまでも「自称・モテ女」なだけかもしれません。
仮にモテていたとしても、どうでもいいメンズにモテているだけであって、とてもうらやましいとは思えないかも……。本当にモテているかどうかは、本人しか分からないこと。すべてを事実として受け止めないほうがよさそう!

基本的には聞き流す

毎回会うたびにモテ自慢をされるなら、素直に聞いているしかありません。ただし、すべてを100%で受け止める必要はありません。基本的には右から左に流し、要点だけを聞いていればいいのです。彼女も誰にも聞いてもらえないからこそ、いつも同じ相手に同じ話を何回もするんでしょう……。心の中で「きっと寂しいんだろうな」と思いながら、話を聞いていると、そこまで苦痛を感じずに済みます。たまには大きなリアクションをしながら、聞き上手を目指しましょう。

学べることもある

彼女のモテ自慢を聞いている時間は決して無駄ではありません。どうすれば本当にモテる女性になれるのか、考える機会になるでしょう。彼女がモテ自慢をするのは、それだけ自分自身に納得がいっていないからとか、この人は、本当はモテていないとか、他人を見極める力も自然と身につきます。きっと彼女の話を聞いているうちに、自分の中の理想的な女性像も少しずつ完成されていくでしょう。すべてを聞き流さずに、部分的には拾ってあげて!

面倒くさければ会う頻度を下げる

彼女からのお誘いが頻繁になってきて、あきらかに負担に感じているなら、あえて会う頻度を下げましょう。きっと距離を置くことによって、モテ自慢ばかりしてしまった女友達も少しは反省するはずです。今すぐ彼女が変わらなくても、しばらく会わなければ、なにかしらは感じ取る部分があるはず。
毎回、モテ自慢をされるのがつらければ、会う機会を調整し、自分に余裕があるときだけ会う方向へと変えていきましょう。

いかがでしたか? モテる女友達と付き合っていると、いろいろと大変。しかし彼女をそばで見ていて学べることもあるでしょう。適度に聞きつつ、受け流す姿勢を身につければ、そこまで負担に思わなくても大丈夫かも!?