【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、朝鮮半島問題について「直接当事者のわれわれが主導的に解決し対処するという姿勢が必要だ」とした上で、朝鮮半島を守るという徹底した意識を持ち、国益を中心に考えアプローチしなければならないとの考えを示した。外交部から業務報告を受けた席で述べた。

 文大統領は、北朝鮮の核とミサイルが最大の脅威であり、朝鮮半島の平和定着は韓国の課題であるだけでなく世界平和にも直結すると指摘。揺るぎない韓米同盟とともに、中国、日本、ロシアとの「協力外交」でより積極的に問題を解決していかなければならないと強調した。

 また、「外交の裾野を広げていかなければならない」としながら、米中日ロの主要4カ国のほか東南アジア諸国連合(ASEAN)、欧州、中東などとも外交面での協力を拡大すべきだと述べた。