自分自身と向き合う。瞑想のすごいパワーで心も体もリフレッシュ!

写真拡大 (全5枚)

日々の生活の中でストレスとうまくお付き合い出来ていますか?頭の中は常に考え事でいっぱい…なんてことありませんか。そんなあなたに心と体の疲れを癒して明日からの元気を取り戻せる瞑想をご紹介します。一日のなかに少しだけ自分のために時間をつくってみませんか。きっと瞑想のパワーを実感できますよ。

瞑想とは

よい姿勢と深い呼吸で目を閉じて自分と向き合い、心と体を落ち着かせてリラックスさせる方法です。

途切れることなく流れ込んでくる情報や日々の忙しさから自分の心と体を開放してあげることが瞑想の醍醐味です。

少しの時間でできる自分癒しです。

成功者やセレブ、スポーツ選手など、瞑想は多くの人が生活の一部として行っているようです。

 

瞑想の効果

瞑想をすることで気持ちが穏やかになり、リラックスできてストレスを軽減できたり、よく眠れるようになったりと瞑想にはさまざまな効果が期待できます。

心と体は連動しています。

両方を同時に癒すことで体調にも良い影響がありますよ。

なにより、心に余裕が生まれるのでいろいろな面で効果がありそうです。

瞑想で大切なのは呼吸を意識すること。

日常生活の中で、いつもは意識しない呼吸を意識的に行うだけでも気持ちが落ち着き心が静かになります。

 

瞑想の方法

ポイント

瞑想の方法はいろいろありますが、自分に合った方法で無理なく続けられるものがいいですよ。

基本的なポイントをご紹介します。

背筋を伸ばして姿勢よく座る。(胡坐でも椅子でも)目を閉じて体の力を抜きリラックスします。ゆっくりと息を吐いて〜吸ってと深い呼吸を繰り返します。(このとき吸う息の倍くらいの時間をかけてゆっくりと息を吐きます。腹式呼吸で行いましょう。鼻呼吸が理想的です。)沸き起こってくる感情はジャッジせずにだだ感じる。

腹式呼吸

おへその辺りを意識して、胸ではなくお腹で息をする感じです。

息を吐くときはお腹をへこませながら、息を吸うときはお腹が膨らむのを感じながら行います。

ゆっくり、ゆったり、肩の力も抜いてリラックスした状態で行うことがポイントです。

 

瞑想のタイミング

瞑想は日常から自分を開放してリラックスするために行うものなので、瞑想しなければならない…と逆にプレッシャーになってしまわないためにも、いつでもどこでも好きな時にやってもいいというぐらいの気持ちでしてみませんか?

仕事の休憩時間や家事の合間など、ちょっとした時間に気軽にするのもおすすめです。

絶対にこの場所でとか、何分間やるなど決めすぎてしまってそれで疲れてしまわないようにしてください。

 

瞑想は日常生活のなかに是非取り入れて頂きたい自分癒しのひとつです。

瞑想の効果は実際にやってみて続けていくうちに、そのパワーを徐々に実感できます。

無理せずできるときに始めてみましょうね。

 

関連記事

気持ちが沈んだときに「瞑想」がいい理由♪

ヨガとも共通点があるマインドフルネス!注目の効果と正しい方法とは?