JAL選手権参戦が決まった中嶋常幸(撮影:岩井康博)

写真拡大

9月8日から3日間の日程で、日本で始めて開催される米シニア・チャンピオンズツアーの「JAL選手権」。23日(水)、招待選手7名の内、6名が決定した。
30年ぶりにプロアマ戦に出場した小泉純一郎元総理
今回決定したのは日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘、中嶋常幸、尾崎直道、室田淳、崎山武志、そして海外シニアメジャーを制した経験のある井戸木鴻樹の6名。いずれも日本のシニアツアーを代表する豪華な顔ぶれがそろった。
なお、残りの1名は開幕前週に開催される「コマツオープン」の優勝者となる予定。米シニアの強豪たちを相手に日本勢がどう戦うのか。ぜひ日本開催という“地の利”を活かし、優勝争いに加わってくれることを期待したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

トム・ワトソン、ジョン・デーリーらが日本に!JAL選手権9月8日開幕
ベルハルト・ランガーが歴代最多のシニアメジャー10勝目を挙げる
引退表明の宮里藍に倉本昌弘がラブコール「東京五輪でコーチをやって欲しい」
倉本昌弘、2020年東京五輪開催コース問題に憂い
最新のギアニュース&試打レポートをまとめてチェック!