[写真]スペイン・バルセロナでのテロ事件を受け、追悼に集まった市民ら(ロイター/アフロ)

写真拡大 (全3枚)

 スペイン北東部のカタルーニャ州バルセロナとカンブリスで起きた連続テロ事件では15人が犠牲になりました。犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)との関わりが今後の焦点となりますが、実行グループの大半は若いモロッコ系の男でした。今回のテロについて、スペインの、しかもバルセロナで起きた意味は大きいと、元公安調査庁東北公安調査局長で日本大学危機管理学部教授の安部川元伸氏は指摘します。安部川氏に寄稿してもらいました。

          ◇
 しばらく大規模なテロ事件が発生していなかったスペインでもとうとう過激派組織「イスラム国」(IS)が関係するとみられるテロが起きてしまいました。車両を人混みに突入させて通行人をひき殺すという凄惨なテロが発生するたびに、2008年6月に日本の秋葉原で起きたいわゆる「秋葉原通り魔事件」の惨劇を思い出さざるを得ません。

 数年前からイスラエルで頻発している自動車テロの容疑者らも含め、テロリストは、我が国での上記事件を参考にしたのではないかと私は考えています。あの時の犯人は、レンタカーの2トントラックで歩行者5人を跳ね飛ばした後、トラックを降りて近くにいた通行人・警察官らをダガーナイフで次々に襲い、結局7人を死亡させ10人に重軽傷を負わせました。この事件の手口は、本年6月にロンドンで起きたテロと全く同じです。銃や爆弾などを調達することは、先進国では容易なことではありません。自動車という大量殺りくを可能にし、誰もが入手し得る強力な武器が身近なところにあったのです。

スペインに執着があるイスラム過激派

 スペインという国では、歴史的にアルカイダなどのイスラム過激派組織が「テロ細胞」(現地の実行部隊など)を構築し、常にテロ実行の機会をうかがっていました。さらには、民族系の反政府組織「バスク祖国と自由」(ETA)がフランスとの国境地帯を拠点にして爆弾闘争などを行っていた時期もありました。しかし、ETAについては、2011年10月に無期限の停戦を表明し、その後、武装解除にも応じて最近ではほとんどテロ事件を起こしていませんでした。

 他方、イスラム過激派にとっては、スペインには特別な思い入れがあり、イスラム過激派がおいそれとこの国から撤収するとは考えられません。すなわち、イベリア半島は、8世紀から11世紀にかけて、一部の山岳地帯を除いてウマイヤ朝などのイスラム帝国が支配し、イスラム文明が大いに栄えたことから、世界中でイスラム版図の拡大を企図するISやアルカイダは、かつての栄光を夢見て同地域の奪還を目論んでいるのです。

2004年にはマドリードで列車爆破テロ

 スペインでは2004年3月に、アルカイダとモロッコの過激派「モロッコ・イスラム戦闘集団」(GICM)のメンバーらが実行した「マドリード列車連続爆破テロ」で191人の通勤客らが死亡、1800人以上が負傷して以来、政府が厳しくテロを取締り、これまで何とかテロを封じ込めてきました。

 それだけに今回のバルセロナほかでのテロ事件は、地元のみならず、欧州全域に大きなショックを与えました。被害者の国籍も34か国に及んでいます。自動車を使用したテロの手口は、昨年から今年にかけてフランスやドイツ、イギリスなど欧州の大都市で次々に発生したテロと全く同じものであり、犯人の背後にも同一の組織が存在していると考えられるためです。スペインでは、テロの実行には至らなかったものの、これまで数多くのテロ計画が未然摘発されてきました(図表参照)。

 特にスペインの北東部、地中海に面するカタルーニャ地方は、これまでも何度かイスラム過激派に狙われてきました。最初にスペインに乗り込んできたイスラム過激派は、アルカイダとGICMの2つでした。

 モロッコ移民が多いスペインにGICMが浸透するのは当然のことです。しかも、GICMは、アルカイダのオサマ・ビン・ラディンに忠誠を誓い、マドリードの列車爆破テロを起こした理由として、スペイン軍のイラクからの撤退を声高に叫んでいました。「9.11テロ」の首謀者といわれたモハメド・アタも、同テロ事件を起こす前にスペインに渡り、アルカイダのメンバーと打ち合わせしたことが後に判明しています。

 またスペインのIS細胞は、ジハードの宣伝のために重要な役割を果たしており、特に女性ジハーディストのリクルートに力を入れてきたといわれています。同国政府筋の発表では、100人以上のスペイン市民がシリアやイラクで戦闘に参加するために出国しているとのことです。ちなみに、モロッコ政府の発表では、同国から2000人以上のモロッコ人がシリア、イラクに渡り、ISほかの過激派組織に合流して戦っているといいます。

欧州テロへのモロッコ系移民の関わり

 前述のように、モロッコを拠点に活動していたGICMがマドリードの列車テロに関わったことは当局の調べでも明らかになっています。また、このテロの主犯格の中にも、複数のモロッコ人が含まれていました。モロッコとスペインはジブラルタル海峡を挟んで目と鼻の先に位置し、アフリカ大陸からの不法移民が毎日数百人規模で押しかけているといわれます。その中で、既にスペインに居所を得ているモロッコ移民は60万人以上といわれています。

 フランスやベルギーで発生したテロでも、モロッコ移民の青年が実行犯として関与していましたが、彼らは、先進国での裕福な生活を夢見て欧州にやってきた移民家族の子供たちでした。しかし、新天地では必ずしも思い通りの生活を送れたわけではありません。むしろ、生活習慣や言語の違いから西欧での暮らしになじめず、差別されてまともな職に就くことさえもできない現状があります。こうした厳しい環境の下で貧しい暮らしを余儀なくされていれば、ISなどのイスラム過激派の甘言に乗せられ、テロリストの仲間に入ってしまうのも無理からぬことかもしれません。

 欧州諸国は、これほどまでにテロが発生している状況に鑑み、この原因を分析して早急に対策を打ち出すべく既に動き出しているようですが、自国民の雇用確保との兼ね合いもあり、その効果が現れるにはまだ時間がかかると思われます。

バルセロナのテロはなぜ防げなかったのか?

 バルセロナでのテロが起きる2か月前に、西側の某情報機関が「バルセロナはイスラム過激派の主要なテロの標的になっており、同市の目抜き通りで車両による無差別テロが起きる可能性がある」との情報を入手していました。この情報は、当然スペイン当局、カタルーニャ州政府にも伝えられていましたが、なぜかテロを防ぐことはできませんでした。

 その理由として考えられていることは、トラックやバンなどの自動車を使用したテロは、ニース、ベルリン、ストックホルム、ロンドンなどで立て続けに発生していますが、通報を受けた側は、現実に脅威が差し迫っているとは思いつつも、テロリストの動きが具体的に把握できていなかったふしがあります。確かに、同国の治安・情報機関は、図表にあるように、数々のテロ計画を未然に摘発してきました。EU諸国やアメリカなど友好国から見ても、スペインの治安・情報機関は信頼度が高いのです。

 実際、今回事件が発生したバルセロナの南にあるカンブリスでも、自爆テロの要員と思われる5人を銃撃戦で射殺し、さらなる大規模テロを防止しました。こうした有能な同国の治安・情報機関からプレッシャーを受けていた「テロ細胞」が、準備が十分整わないうちにテロを軽はずみに実行してしまったとする見方もあります。

 しかし、同盟国の情報機関からテロ関連情報が提供されていても、この種のテロを事前に摘発することは極めて困難であるとも言えます。今回のような貴重な情報をテロ対策に役立て、いたずらに犠牲者を出さないよう、より知恵を絞った対策が必要になるでしょう。

----------------------------------
■安部川元伸(あべかわ・もとのぶ) 神奈川県出身。1975年上智大学卒業後、76年に公安調査庁に入庁。本庁勤務時代は、主に国際渉外業務と国際テロを担当し、9.11米国同時多発テロ、北海道洞爺湖サミットの情報収集・分析業務で陣頭指揮を執った。07年から国際調査企画官、公安調査管理官、調査第二部第二課長、東北公安調査局長を歴任し、13年3月定年退職。16年から日本大学教授。著書「国際テロリズム101問」(立花書房)、同改訂、同第二版、「国際テロリズムハンドブック」(立花書房)、「国際テロリズム その戦術と実態から抑止まで」(原書房)