BIGBANGのT.O.Pと大麻吸引した女性、番組で突然主張「誘われた」

写真拡大

BIGBANGのメンバーT.O.Pと共に大麻を吸引した疑いのある歌手練習生ハン氏が「(自分は) 先に大麻を勧めなかった」と23日午後に韓国で放送されたケーブルチャンネルK STAR「スターニュース」を通じて明らかにした。

放送のインタビューを通じてハン氏は、「最初に(大麻を) 勧めたのはあちら(T.O.P) であった」とし「電子タバコ(液状大麻) も私の所有物ではなかった」と主張した。その一方で自身の容疑については認め、反省の意を示した。

ハン氏は1審で大麻吸引の疑いで懲役3年、執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォン(約8万7千円)を宣告された。これに検察とハン氏の双方が不服として控訴した状態だ。

T.O.Pは昨年10月、ソウル龍山(ノン酸) 区の自宅で歌手練習生ハン氏と大麻を吸引した疑いで起訴され、裁判で懲役10ヶ月に執行猶予2年、追徴金1万2千ウォン(約1200円) の判決を受けた。

T.O.Pは義務警察の身分を剥奪され自粛している。

BIGBANGのT.O.Pが裁判に出廷…判決は懲役10ヶ月・執行猶予2年「反省・初犯を考慮」

BIGBANGのT.O.P、義務警察の身分はく奪…再服務審査で「不適合」との結論