23日、韓国の古宮や伝統家屋村を伝統衣装・韓服姿で巡る観光スタイルが流行しているが、着やすさを追求するあまり伝統から懸け離れ、さらに日本のはかまに似てしまった改良韓服が人気を博していると、韓国・ヘラルド経済が指摘した。写真はソウル。

写真拡大

2017年8月23日、韓国の古宮や伝統家屋村を伝統衣装・韓服(ハンボク)姿で巡る観光スタイルが流行しているが、着やすさを追求するあまり伝統から懸け離れ、さらに日本のはかまに似てしまった改良韓服が人気を博していると、韓国・ヘラルド経済が指摘した。

ソウルでは最近、古宮・景福宮(キョンボックン)などに韓服で出掛け自撮りをする若い女性が増えている。古宮近くには韓服を貸し出したり販売したりする専門店も増えているが、若い女性たちに人気なのは、伝統にのっとった韓服よりも、着やすく歩きやすく、また見た目もかわいらしくアレンジされた「改良韓服」「フュージョン韓服」と呼ばれるものだ。

しかしこうした改良韓服、驚くほどはかまに似ているという。同紙がソウルの街頭で「はかま姿の日本女性」と「改良韓服姿の韓国女性」の写真を市民に見せ尋ねたところ、「あまりに似ていてびっくりした」「うっかりすると区別がつかない」などの感想が返ってきたそうだ。

類似のポイントは、ハイウエストになった部分にリボン(はかまのひもを指す)を結ぶことと、上衣を下衣に入れて着る着方。伝統的な韓服は、胸の部分から下までつながった下衣(チマ)に上衣(チョゴリ)を羽織る形が一般的だが、脱ぎ着がしやすいようチマを腰のリボンで結ぶ形に、そのリボンを強調するようにチョゴリをチマに入れるスタイルに「改良」した結果、はかまに似てきたと記事は解説している。ちなみに改良韓服を売る店の店主のうち、はかまについて知っていた人はいないそうだ。

この現象については韓服の専門家からも意見が出ている。服飾研究家の一人は「洋装の構成法に韓服のデザイン的な特徴を応用して製作すると、はかまに似た感じが出る」と指摘。韓服のデザイナーも「デザインだけでなく、チョゴリをチマに入れて着た瞬間『日本の服』になってしまう」と話し、「韓服体験は私たちの文化を広めるための一種のコンテンツなのに、日本のデザインが登場しているのは矛盾だ」と問題意識を語った。

これには韓国のネットユーザーからも共感する意見が寄せられており、「確かに、まるで日本の伝統衣装を改良したみたいだ」「街で伝統韓服を着てる人はほとんどいないよ」「改良韓服はもはや韓服じゃないと思う」「さすがに日本っぽいのは絶対駄目でしょ」といった声がコメント欄に並ぶ。

また、「無知で国を失うことになるよ」「デザイナーがきちんと勉強してないんだな」「こんなことなら韓服体験なんてやらせないでくれ」と厳しい指摘も。

一方で、「どこが日本の服と似てるって?東洋の服なんてみんな似たようなもの。そんなこと言ったら白ご飯だって日本式になっちゃう」「ところで韓服の基本と原則って何なの?無駄に日本の服と比べて騒ぎを起こそうとしてない?」「これは日本のまねをしてるわけじゃなくて、韓国にもこういうスタイルがあったんだよ」と、記事に反論するコメントも一部あった。(翻訳・編集/吉金)