@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

インテリアを中心に一新

BMWは、新型BMW 1シリーズを日本市場に導入し、本日より発売した。

今回の変更では、
・内装をモダンなデザインに一新
・タッチパネル式ディスプレイを装備
・HDDナビゲーションのメニュー画面改良
を行い、デザイン性と操作性を向上した。


インテリアは、ハイグロスブラックを使用した新デザインのセンターコンソールや、新作のインストゥルメントパネルを採用。トリムに上質なクロームメッキ加飾を追加している。

新デザインのグローブボックス/センターコンソールを採用して、周辺パネルの継ぎ目を抑え、室内を広くワイドな印象にしたのが特徴だ。

タッチパネルに対応 価格は317万円〜

装備面においては、ユーザーの利便性を向上させるため、タッチパネルに対応したコントロールディスプレイを採用。また、HDDナビゲーションシステムのメニュー画面を、より見やすく、操作しやすい表示へ改良した。


価格は以下の通り。
BMW 118i:3,170,000円
BMW 118iスポーツ/スタイル:3,640,000円
BMW 118i Mスポーツ:3,840,000円
BMW 118dスポーツ/スタイル:3,850,000円
BMW 118d Mスポーツ:4,050,000円

BMW 120iスポーツ/スタイル:4,390,000円
BMW 120i Mスポーツ:4,520,000円
BMW M140i:6,180,000円

1000台限定 エディション・シャドー発売

また、あわせてスポーティ性を高めた限定モデル「BMW118i Mスポーツ・エディション・シャドー」および「BMW118d Mスポーツ・エディション・シャドー」を、販売開始した。


本限定モデルは、本日発表の新型BMW118i Mスポーツ/BMW118d Mスポーツをベースに、ダークカラーLEDヘッドライトやダコタ・レザーシートのコニャックなど、専用アイテムを装備することで、スポーティなデザインに仕上げたのが特徴。


Mスポーツ・エディション・シャドーの価格は、118iが3,980,000円。118dが4,200,000円。販売台数は1000台の限定となっている。