残りのシーズンは国内ツアーに専念することを明かした池田(撮影:村上航)

写真拡大

<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 事前情報◇23日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>
国内大会への出場は7月の「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」以来となる池田勇太が、この日行われたプロアマ戦に出場。今季の海外参戦にも一区切りがついたことを受け、残りのシーズンは国内ツアーに専念することを明かした。
2か月ぶり日本復帰の池田勇太に“特別仕様”賞金王記念ドライバー
ホールアウト後、「調子は普通。悪くない」と語った池田。今大会に向けて、20日(日)には現地に入り調整してきたという。コースの印象については、「グリーンがすごく硬くて速い。コースの状態が年々よくなっている」とコメントした。
「最終的に成績も残せなかったし、悔いが残るという程度ではなく最悪な感じ」だったという今季の米国ツアー参戦も、全米プロゴルフ選手権で失意の予選落ちでひとまず終了。残りのシーズンは、「これまで出ていなかったので休んでいる暇はない」という国内ツアーに、「しっかり気持ちをおいて頑張りたい」と述べた池田。「来シーズンも挑戦する」という海外メジャーへの出場権を得るためにも、過去2回勝っている今大会で幸先のいいスタートを切りたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

池田勇太、ペナルティものともせず単独首位ターン!小平智、手嶋多一ら1差2位
池田勇太は宮里優作、飛ばし屋のチャン・キムらと同組に
池田勇太、メジャー4試合すべて予選落ちに「自分を殺したい」
「切り替えて」宮里優作、池田勇太はそろってナイスカムバック
【WITB】使い慣れたギアを替えない藤本佳則の充実