李智凱

写真拡大 (全2枚)

(台北 23日 中央社)ユニバーシアード夏季大会は23日、体操競技の男女種目別が台北市内で行われ、台湾の李智凱が男子あん馬で15.300点をマークし優勝した。新北市内で行われた重量挙げの女子69キロ級で洪万庭が、台北市内で行われたローラースポーツの女子500メートルスプリントレースでは陳映竹が金メダルを獲得した。台湾勢の金メダルは史上最多の10個となった。

李はかつて、ドキュメンタリー映画「ジャンプ!ボーイズ」(翻滾[口巴]!男孩)に出演。小学生や幼稚園児の体操強化選手がコーチの指導の下、厳しい訓練に励む過程を描いた同作は、2006年に日本でも公開されている。

蔡英文総統は李の金メダル獲得後、フェイスブックで「智凱、おめでとう。これからも思う存分飛び跳ね、次なる舞台に挑戦して下さい」と祝福を送った。

(呉協昌、葉素萍/編集:名切千絵)