超極細のコンパウンドか保護つや出し剤で小さいキズは直せる

 車内には土足で乗るし、さまざまな形状の荷物を積むこともあるだけに、内装にキズが付くことは珍しくない。そのままにするのもなんともみっともない感じなのだが、なんとか直せるものなら直したいところだ。

 ひと口に内装といっても、素材的には樹脂と布のふたつに分かれる。まずは樹脂からだが、これは軽微なものなら、目立たなくするのは可能な場合がある。インパネのシボの部分に付いた、小さなささくれ状のものは、爪の先で押し込むようになぞってやると、ささくれがつぶれて目立たなくなることは多い。ただ大きいのは、完全に戻すのは無理だが、できるだけというレベルでトライしてみるといいだろう。

 薄いこすりキズについては超極細のコンパウンドで磨くか、保護つや出し剤を塗ってキズ自体を埋めてしまって目立たなくするのも手だ。

 またドアの内張りの下部分に付く、クツ先の跡は、実際にキズのこともあるが、ただ泥が付いているだけのこともある。この場合は中性洗剤を水で薄く薄めたものを使って、ブラッシングして様子を見てみるといい。

 そしてもうひとつの素材である、布だ。キズというよりも、ほつれがよく起こるが、これは素人レベルでは正直なところ直すのは無理。内装の専門店が探すとあるので、そこに持ち込んで、洋服の修繕のような方法で、ほつれを取り除いたり、縫ったりして補修していくしかない。プロにかかれば、切れてしまった部分も、うまく縫い合わせたりして、直してくれる。

 ちなみにレザーだが、こちらもキズは付きやすい素材ではある。引っかけると「ミミズバレ」のようになるなどデリケートなのだが、レザーは表面をなめしたうえに塗装をして作っているので、一度キズが付くと補修は困難だ。せいぜい同じような色を塗って目立たなくするしかない。

 完璧を求めるならクルマのボディのようにキズを埋めて、再塗装するしかキズを補修できないので、日頃の扱いを注意したほうがいいだろう。