炒め物やサラダなど、料理に欠かせない野菜の1つ、『キャベツ』。

よく使っているのに、ネットで話題になっているこの方法は知りませんでした。早速作ってみることに!

いつまでも食べられる『無限湯通しキャベツ』の作りかた

【材料】

キャベツ 4分の1玉釜揚げシラス 25g味の素 少々ごま油 大さじ1塩コショウ お好みで1.キャベツをすべて千切りにします2.ザルにあけて、熱湯をまんべんなくかけます3.熱さに注意しながら軽く絞ってボウルに移し、シラス、味の素、ごま油、塩コショウとあえる4.しっかり混ぜて、完成!

「あ、これはずっと食べていられるわ」

しんなりとシャキシャキが絶妙なバランス。ごま油の風味と味の素のうまみが、シラスとほどよくマッチしていて堪りません。

ちょっと味見のつもりが、ずっと食べてしまいそうなレベルでおいしい!

作りかたも簡単なので、いつもの料理の副菜や、晩酌のおつまみにピッタリです。

ほかにも、おろしショウガを加えたり、味の素の代わりに鶏ガラスープの素や、だしの素&醤油に変えて食べても、おいしいそうです。シラスの代わりにツナを使うのもあり!

最初太めの千切りになってしまって、「ちょっと失敗したかな」と思ったのですが、あまり気になりませんでした。千切りは少し苦手という人でも大丈夫です。

いつまでも食べていられる『無限湯通しキャベツ』。味見のし過ぎに注意しながら作ってみてくださいね。

[文・構成/grape編集部]