カメラの「AWB」をご存知ですか?プロは必ずチェックする選びのキモ

写真拡大

旅先などで、人工照明の条件下で人や料理を撮影することは多いと思います。そんなとき押さえておきたいのが、オートホワイトバランス。色合いをごまかすのではなく、あくまで自然に美しく撮るための機能です。そこで今回はAWB(オートホワイトバランス)に注目しました。


自然な色合いで撮影したいなら
AWB性能はもっとも注目すべき部分です


AWB(オートホワイトバランス)とは、環境光など周囲の状況に合わせて白を正しく出す機能です。撮影環境を変えても、肉眼に近い色味を再現するために非常に重要度が高いです。

とくに、「手軽にキレイな写真」という意味で言うとさらに重要度はアップします。RAW撮影をして現像をするといった、本格的な撮影でもない限り、色味の調整を後からするのは難しいからです。

ということで、先日公開した【旅カメラ】プロが選んだBESTランキング13より、オートホワイトバランスに注目したTOP7の検証結果を公開します。



蛍光灯下の店内で、それぞれ色の異なる複数の食材が乗った海鮮丼を撮影して、色の表現性を比較しました。

結果は、6機種のAWBが自然で違和感が少なく全て同点のA評価に。料理本来のおいしさをうまく写し出せていました。以下で詳しくレビューを紹介しますのでご覧ください。


[A評価]ソニーは人工照明での撮影でも
自然な色合いを再現できました



ソニー
α6000
購入価格:5万3760円(本体のみ)

一眼レフと同じ大型センサーを搭載。ぼかしたい、シャープにと撮りたいといったユーザーの要求を忠実に再現した写真が撮れます。



AWBがきちんと認識して自然な色合いを再現しています。フリッカーも拾いにくいので蛍光灯下の撮影にも向いています。


[A評価]色味の再現性に優れ
美味しそうに撮れました



ソニー
RX10M3
購入価格:13万3300円(レンズ搭載)

超望遠や高速撮影など、より多様な撮影ができる大口径レンズ搭載モデル。手ぶれ補正など性能もバッチリです。



AWBの傾向は素直な印象で、料理の質感をしっかりと表現できています。


[A評価]みずみずしく撮れる
画質の鮮鋭さが魅力



パナソニック
DMC-GX7 Mk
購入価格:6万4107円(ズームレンズキット)

4K画像対応など、画質にとことんこだわった一台。細かなディティールまでしっかり収めます。



蛍光灯のフリッカーが目立ちにくくAWBは優秀です。画質も鮮鋭で料理を引き立ててくれます。


[A評価]環境への対応力に優れます
刺身のツヤツヤまで表現します



キヤノン
EOS Kiss X7
購入価格:4万9480円(レンズキット)

本体重量約370gと、世界最小・最軽量を謳う一眼レフ。携帯性に優れ、歩きながらの長時間撮影も苦になりません。



環境を変化させても、AWBはきちんと追従しました。刺身もツヤツヤしておいしそうに撮れました。


[A評価]環境にしっかり追従
違和感のない発色です



キヤノン
EOS Kiss X8i
購入価格:6万7500円(レンズキット)

19点でフォーカスするAFセンサーや2420万の高画素で撮影できるCMOSセンサーなどを搭載。



X7と同じくAWBの対応は正確です。素材の自然な発色がきちんと出ていました。


[A評価]過剰補正のない
自然な色合いです



ニコン
D5600
購入価格:6万6499円(本体のみ)

クラウドなどで画像を撮ってすぐ保存できるのが便利。バリアングル撮影が可能で表現が広がります。



適正なAWBで、蛍光灯の光の下でも見たままに近い色合いに写ります。


[次点]多彩の色を自然に写しますが
若干狂いが生じることもあります



リコー
PENTAX K-70
購入価格:6万9162円(本体のみ)

防塵・防滴、耐寒機能など全天候撮影が可能なモデル。フィールド撮影を奨励しているだけあり、瞬時に対象を捉えるAFなど性能も優秀です。



表現は自然な印象。単色背景の場合、若干だけ狂いが生じた点をマイナスとしました。

以上、オートホワイトバランス格付けでした。さすがに人気モデルの性能は高いといえますが、選ぶときにはしっかりチェックしておきましょう。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。