シラトス(バター)作り=シリンゴル盟・シローンフブートチャガン・ホショー(2012年7月撮影)

写真拡大 (全3枚)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

----------

 乳製品は牛や羊やヤギのミルクで作る。モンゴルの乳製品加工方法はすごく進み、種類も多いことで知られている。

 ホロード(チーズ)、シラトス(バター)、チャガントス(白いバター)、アールル(チーズ)、ジューヘ(クリーム)、馬乳酒、モンゴル・アルヒ(ミルクによる蒸留酒である)などたくさんの種類がある。各種の乳製品を乾燥させ、保存食にする。

 乳製品は一年中欠かせない大切な食料である。たくさんの牛を搾り、たくさんの乳製品を作ることは私の母親世代の女性にとっては誇り(プライド)でもあったと思う。しかし、現在は市場で乳製品が簡単に手に入るようになり、自分で乳製品を作る遊牧民が減っている。さらに、若者の乳製品離れが進み、食べられない人も増えていることがとても悲しくなる。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第2回」の一部を抜粋しました。

----------

アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。