日本サッカー協会(JFA)は1日、8月10日から13日まで静岡県内3会場で行われる「2017 SBSカップ国際ユースサッカー」に出場するU-18日本代表メンバーを発表した。

 1999年生まれ以降の選手たちで構成されるU-18日本代表は、2019年のU-20W杯を狙う世代。SBS杯はグループリーグ制で行われ、U-18チリ代表(10日)、静岡ユース(11日)、U-18チェコ代表(13日)とそれぞれ対戦する。

 今回選ばれた20人は、高校3年生世代にあたる1999年度生まれの選手が19人を占めた。学年では1つ上の99年早生まれは、唯一湘南ベルマーレのDF石原広教が初選出。左サイドが本職で、すでにJ2リーグ戦8試合に出場している。

 現在行われている「はばたけ世界へ 南東北総体2017」のメンバーでは、東福岡高の阿部海大と静岡学園高の渡井理己が選出。1試合を残すのみとなった「第41回日本クラブユース選手権(U-18)大会」からは、決勝に進出した浦和レッズユースのDF橋岡大樹、DF荻原拓也、FW井澤春輝、FC東京U-18のDF岡庭愁人らが選ばれている。

 初選出は、石原のほか、岡庭、渡井、鹿島アントラーズユースのGK沖悠哉、清水エスパルスユースのMF滝裕太、山梨学院高のFW加藤拓己、名古屋グランパスU-18のFW杉田将宏の計7人となった。(※8月7日に追加招集されたMF小林幹とFW原大智も初招集のため初招集は計9人)

メンバーとコーチングスタッフは以下のとおり

監督:影山雅永

コーチ:秋葉忠宏

GKコーチ:土肥洋一

コンディショニングコーチ:小粥智浩

総務:本間一憲

▽GK

1.沖悠哉(鹿島ユース)

12.若原智哉(京都U-18)

▽DF

3.石原広教(湘南)

4.橋岡大樹(浦和ユース)

5.中川創(柏U-18)

2.岡庭愁人(FC東京U-18)

15.阿部海大(東福岡高)

19.荻原拓也(浦和ユース)

▽MF

13.堀研太(横浜FMユース)

8.田中陸(柏U-18)

7.伊藤洋輝(磐田U-18)

10.藤本寛也(東京Vユース)

16.渡井理己(静岡学園高)

17.奥抜侃志(大宮ユース)

18.川村拓夢(広島ユース)

6.小林幹(FC東京U-18)

※小林は追加招集。MF滝裕太(清水ユース)が辞退

▽FW

14.井澤春輝(浦和ユース)

9.加藤拓己(山梨学院高)

20.杉田将宏(名古屋U-18)

11.原大智(FC東京U-18)

※原は追加招集。FW平墳迅(清水ユース)が辞退


●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

●【特設】高校総体2017