ザルツブルクは21日、MF南野拓実が右ヒザ内側側副靱帯の部分断裂と診断されたと発表した。全治まで約6週間と併せて発表されている。

 20日に行われたオーストリア・ブンデス第5節に先発出場した南野は、前半31分に先制点をアシスト。だが同40分にシュート体勢に入って右足を振り抜くと、ブロックに入った相手DFの足を蹴ってしまい、途中交代を余儀なくされていた。

 南野はこの試合を含めて今季リーグ戦4試合に出場し、1ゴールを記録。国内杯やチャンピオンズリーグ予選でも得点をマークと好調なスタートを切っていた。


●海外組ガイド