バルセロナは22日、パリSGに移籍したFWネイマールを契約違反で提訴したことを公式声明で明らかにした。

 16年10月にバルセロナはネイマールとの契約を21年6月まで延長。ネイマールはその際に850万ユーロ(約11億円)のボーナスを受け取っていたようだ。しかし今月3日、パリSGが契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)を支払って移籍したため、バルセロナはボーナスの返金に遅延金10%を加えた約12億円を支払うように求めている。

 また、ネイマールが支払えない場合はパリSGが支払うべきだとも要求している。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集