FC東京は23日、MF中島翔哉がポルトガル1部ポルティモネンセに期限付き移籍することが決まったと発表した。なお、期限付き移籍期間は17年8月27日から18年6月30日までとなっている。

 1994年8月23日生まれの中島は東京Vの下部組織で育ち、13年にトップチームに昇格。14年にFC東京に完全移籍するも、同シーズンは富山に期限付き移籍することが発表された。だがシーズン途中にFC東京に復帰すると、15年J1第1ステージ第16節鳥栖戦でJ1初ゴールをマーク。今季は第23節終了時点で20試合2得点の記録を残していた。また、年代別代表にも名を連ね、昨年行われたリオデジャネイロ五輪では背番号10を背負って出場した。

 中島はクラブを通じて「FC東京では、うまくいくことばかりではありませんでしたが、素晴らしいチームメイトとスタッフに囲まれ、とても貴重な経験をすることができました。そして、不器用な自分をどんな時も応援してくれたファン・サポーターのみなさまには本当に感謝しています。FC東京で得た経験をポルティモネンセでもしっかりと活かせるように頑張ります。そして、引き続きサッカーを楽しんでいきたいと思います!」とコメント。

 また同日、中島が6日に一般女性と入籍したことも発表され、「まだまだ未熟者ではありますが、より一層の責任と自覚を持って日々精進してまいります」とコメントしている。

以下、プロフィール

●MF中島翔哉

(なかじま・しょうや)

■生年月日

1994年8月23日(23歳)

■出身地

東京都八王子市

■身長/体重

164cm/64kg

■経歴

東京Vユース-東京V-FC東京-富山(期限付き移籍)-FC東京


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ