[8.20 J2第29節 横浜FC1-0水戸 ニッパツ]

 J2リーグは20日、第29節を行い、横浜FCはホームで水戸ホーリーホックと対戦し、1-0で勝利した。横浜FCはDFカルフィン・ヨン・ア・ピンの移籍後初ゴールが決勝点となり、4試合ぶりの白星。勝ち点を46に伸ばし、9位から昇格プレーオフ圏内6位東京Vと勝ち点1差の7位に浮上した。

 横浜FCは16日に行われた第28節讃岐戦(0-1)から先発1人を入れ替え、出場停止明けのMF佐藤謙介が復帰。一方、水戸は前節の京都戦(2-0)から先発4人を変更。DF今瀬淳也が3試合ぶりに復帰し、今節出場停止のDF細川淳矢に代わってCBに入ったほか、DF田向泰輝、MF湯澤洋介、FW林陵平が2試合ぶりにスタメンに復帰した。[スタメン&布陣はコチラ]

 静かな試合の入りから水戸がボールを保持し、前半18分、左サイドでMF湯澤洋介が相手のパスをカットすると、ドリブルで持ち上がったFW前田大然が絶妙なクロスを入れ、FW齋藤恵太が右足シュート。横浜FCも徐々にリズムをつかみ、前半23分、GK高丘陽平のロングボールをFWイバが胸で落とし、MF野村直輝が強烈な右足ミドル。さらにFWレアンドロ・ドミンゲスの左CKにファーサイドのイバがヘッドで合わせたが、惜しくもクロスバーを越えた。

 スコアレスで折り返した後半8分に試合が動く。左CKでレアンドロ・ドミンゲスがショートコーナーを選択すると、左後方のMF中里崇宏がクロスを入れ、ファーサイドのヨン・ア・ピンが強烈ヘッド。これはGK笠原昂史が横っ飛びで弾いたが、こぼれ球をおさめたレアンドロ・ドミンゲスが左後方からクロスを入れ、ヨン・ア・ピンが今度は左足で押し込んだ。

 今季、町田から完全移籍で加入したヨン・ア・ピンはこれが移籍後初ゴール。水戸も反撃に出ると後半10分、湯澤のスルーパスに抜け出したMF橋本晃司が左足シュートを放ったが、GK高丘が足に当てて至近距離でセーブ。後半17分にはドリブルで持ち上がった湯澤がエリア内にパスを入れ、前田がマイナスに戻し、橋本がPA手前から左足を振り抜いたが、シュートは惜しくもゴール右に外れた。

 後半19分、水戸は林を下げてMF佐藤和弘を投入。齋藤が1列上がって前田とツートップを組み、佐藤は右サイドハーフに入った。試合終了間際には佐藤や湯澤がミドルレンジからシュートを狙ったがゴールをこじ開けられず、0-1で敗れた。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第29節 スコア速報