ネイマールを提訴したバルサ

写真拡大

ネイマールに関わる問題が浮上している。FCバルセロナは同選手を提訴することを決断している。バルサはスペインサッカー連盟を通してフランスサッカー連盟とFIFAに対してネイマールを提訴している。

バルサはすでに支払い済みの契約更新ボーナスの返還を求めており、違約金850万ユーロ(約11億円)+遅延金として金額の10%を求めている。なお、ネイマールが支払いを拒否した場合、パリ・サンジェルマン(PSG)に支払うべきだとも求めている。

声明の中で、バルサは「一方的な契約解除であり、2021年までの契約更新を行った直後のことである。ネイマールと口問答となる前に適切な手続きをとる事とする」と説明している。