内モンゴル自治区オルドス市で18日に開かれた第1回中国囲碁大会の「マンマシン対抗戦」で、中国の囲碁「三冠王」と呼ばれる孔傑氏が台湾の人工知能「CGI」と手を組んだが、日本の人工知能「DeepZenGo」に苦戦し、敗北した。

写真拡大

内モンゴル自治区オルドス市で18日に開かれた第1回中国囲碁大会の「マンマシン対抗戦」で、中国の囲碁「三冠王」と呼ばれる孔傑氏が台湾の人工知能「CGI」と手を組んだが、日本の人工知能「DeepZenGo」に苦戦し、敗北した。中国新聞網が伝えた。

孔氏は中国の囲碁の歴史的な「三冠王」だが、近年は対局を控えている。人類を代表し出場した彼は勝利を収めるため、台湾のCGIを助手としたが敗北した。

DeepZenGoを開発した加藤英樹氏は今年3月のUEC杯コンピュータ囲碁大会で、性能が飛躍的に向上したDeepZenGoに自信を持っていたが、中国人選手に破れ優勝を逃した。しかし加藤氏は今回、同じ中国人選手の孔氏に勝利し、優勝の夢をかなえた。(提供/人民網日本語版・編集YF)