SEX-ANDROID 撮影:さわきみのり

写真拡大

7月19日、東京・中野サンプラザホールにてSEX-ANDROIDの日本縦断単独ツアー'17【医者ROCK NEVER DIE】ファイナル公演が開催された。

2017年上半期「オススメV系CD」ホンネ座談会!“CDが売れないこんな世の中”に推したい9作

22年目を迎えたものの今年1月に休止を発表したバンドの節目、そして中野を拠点に活動する彼らにとって、待望の中野サンプラザホール公演を見届けに、会場には多くのファンがかけつけた。

SEX-ANDROID(以下・セクアン)というバンドの魅力は大変言語化しにくいもので(「曲がいい」は前提として)、白塗りに白衣をまとい「医者ロック」を標榜してはいるものの、楽曲に医療用語が頻出するわけでもなく、SEは『必殺仕事人』のテーマ。ステージに至っては脚立が中央に配置されており、YU-DAI(Vo)は時に脚立の頂上で歌い、時にうさぎのぬいぐるみを抱え、時にはヌンチャクを振りまわす――。マジで書いててよくわかんなくなってきた。

その「よくわかんないバンド」が奇跡的なバランスで成立して、奇跡的に20年以上活動を続けていたわけで。そんなバンドの一つの節目となるライブ、ロビーにはずらりと並んだファン有志からの提灯(予め公式サイトで受け付けていたもよう)盟友であるミュージシャン、バンドたち、ライブハウスからの花、賑やかかつ和やかな雰囲気に包まれており、セクアンが色々な人に愛されているということが伺いしれる。

「よくわかんないバンド」ということは、それは「換えのきかないバンド」ということでもあるのだ。

東京都中野区からやってまいりました! SEX-ANDROID!

開演前のBGMも「LOVEさりげなく」(SEX-ANDROIDもカバーしています)から沢田研二や一世風靡セピアなど70〜80年代のロック・ポップスが流れ、なんともセクアンらしい空気。そして開演予定時刻を回ると、矢沢永吉が大音量で流れはじめ、暗転。おなじみの「必殺仕事人」のテーマが流れ始まる。緞帳があがっていくと、そこにはTφRU(G)、JUNRO(B)、そして脚立の上で仁王立ちするYU-DAI。

彼の「夢の中野サンプラザ! 一生懸命やります!」という声で、キレキレの演奏が始まる。1曲目は『グッドモーニングサブカルチャー』だ。

「眠れない夜に耳をふさいで 彷徨った心を武器と知れ 例え小さな世界だとしても 誰かがお前の言葉を待つ」

というサビの歌詞が不遇の時期が長かったセクアンを象徴するようで、セクアンの様々な曲や歌詞に癒やされたり救われてきた者も少なくはないのだろうか。そういう意味では本当に「医者ロック」なのだと思う。

間髪入れずにパンキッシュな『暴動男(と書いてライオットマン)』、そしてYU-DAIがタンバリンを持ち出しウェットな『原宿ディスコティック』へ。そしてTφRUの鋭いギターから始まったアッパーチューン『スパナ』で特効のスモークが吹き上がり、フロアはヘドバン一色になる。

「東京都中野区からやってまいりました! SEX-ANDROID!」と、中野サンプラザでも恒例の挨拶をし、「リーダー! すげえ初体験だよ!」とTφRUに呼びかけ、ハルキ(サポートDr)へ「宇宙一好きな弁当ってなんだっけ?」という質問をふるなど(「崎陽軒のシュウマイ弁当」と気持ちのよい返事!)、”夢の舞台”でも相変わらずフリーダムなMCを繰り広げるYU-DAI。


この日のステージにはロビー同様には有志から集められた提灯が飾られており(ちなみにこの提灯、照明の役割も果たしており、曲によってピカピカと点灯していたのが印象的だった)、それについての感謝のコメントを述べるメンバー。

そのままとりとめのない話が続くも、「今日、一旦とはいえ最後なんで、曲もたくさんやりたいし、もちろんね! おしゃべりもいっぱいしたいの! でもそれは難しいことじゃない? だからMCどれだけしゃべって良いか決める係やって!」と、JUNROにMCのタイムキーパーを任せることに。

そんなこんなで『ベリー・ベリー・ストロベリー』に流れ込んだわけだが、さすがセクアン、曲が始まると一気に切ない恋の世界に染め上げる。

スカ調の『コトナカレシンドローム』では「愛をもっと」と「傷つけたくないし」のボーカルと楽器隊のコーラスワークが心地よく、JUNROのベースソロも冴え渡る。TφRUの軽快なカッティングが心地よい『オール・バイ・マイセルフ』と、バラエティに富んだ楽曲で楽しませてくれる。セクアンは本当に懐の深いバンド。

やっぱり中野サンプラザは素晴らしいね!

2度目のMCタイムでは、「大きいところは涼しいイメージがあったけど熱いね!」とYU-DAIに「照明のパワーが」とTφRU。ロビーの祝花への感謝についての話から「しばらくライブがなかったから……」と芸能ネタ・時事ネタを繰り出し紆余曲折を経て、「今日はこんなにきてくれたんだもんね! ありがとう!」とYU-DAI。

「次は9曲目になります、聞いてください」と先述したとおりタイムキーパー役のJUNROの言葉から、『スキマ産業狙イ撃チ』へ。ライブもいつの間にか後半戦に入り、『ナギナタベイベー』ではそろいの振り付けを楽しむ観客、『喘息少年』ではスモークの特効があがり、『人間休業』では客席はヘドバンであふれかえる中、YU-DAIのヌンチャク回しが披露される。

そして観客の手拍子が響く中、「恒例のリズムバトルを始めます、イェイ!」と、JUNROの声から、セクアンのワンマンライブではおなじみの楽器隊によるリズムバトルのセクションに入る……はずだったのだが、中野ということで、中野に関する思い出話をゆるく語るJUNRO。長くなるので割愛するのだが、「中野のマルイでカードを作ろうとしたが失敗した」という内容。

一通り話終えると、気を取り直して楽器隊によるリズムバトルスタート。しばらくステージから姿を消していたYU-DAIが戻ってきて『ドロシー』、『おめかしのカリスマ』、『メンタル日和』などのキラキラとした楽曲が中野サンプラザのホールを彩っていく。

MCでは何度も話が脱線しつつ「(この日のライブ)おもしろかったでしょ?」と問いかけるYU-DAIに拍手で応える観客。「やれる事ならもう一回やりたいよ」とポツリ。バラード『キャロル』ではミラーボールが輝き、さっきまでのMCのゆるさが嘘みたいに情感たっぷりに観客を曲の世界に引き込んでいく。

ああ、素敵だなあ。ライブ冒頭で「夢の舞台」とYU-DAIが口にしていたが、セクアンの楽曲はいつだって甘い夢みたいに、ずっとファンの心に響いていたのだ。

今まで養っていただいた皆様! 全員まとめて愛してるぜ!

「1995年に結成して、リーダーが入ったのは2001年、21世紀と共に歩んできました。(JUNROが結成後しばらくバンドから離れていて)8年後に戻ってきたとはいえ、長いね! (サポートのハルキは)なんと9年! サポートの枠じゃ収まりきらないよ! すごいね」と、YU-DAIがTφRUにふると、「カップルだったら内縁の妻だよ」とコメント。

「すごいことですよ、今日でみなさんもご存知のとおり、ご存知だからこんなにきてくれたんですけど、一旦活動休止になります」と改めてYU-DAIが活動休止にふれ、「泣きな〜〜さ〜〜い」と『花』を口ずさみ、「(お客さんの空気が)湿っぽくなってきましたね。 これは一発”究極のシモネタ”を……」とふったところで、「ダメだよ今日カメラすごい入ってんだから!」とTφRUにたしなめられる。

「さっき会った皆様に悲しいお知らせがあります」とセクアンライブ恒例の挨拶に「ええ〜〜」と応える観客。「楽しかったっていうか、サンプラザにはずっといたいな。でもあと2曲」とYU-DAI。これまでのライブであったならば、この後に次のライブ予定が入るのがお約束。しかしこれは活動休止ライブ。

「いつになるかはわかりませんが、生きてるうちには、それがもしかしたら明日なのか、最速の再結成はセクアンらしくていいかも。9月とか」冗談とも本気ともつかないYU-DAIの言葉に観客からは暖かな笑いが起こる。「生きてるうちにはセクアンに戻って来たい」と語る。「とりあえず今日は楽しみましょう!」とJUNRO。

ラストスパートをかけるようなパンクチューン『トゲオ』、そして『ジェット・スターダスト・キャバレー』のブレイクでは、「今まで養っていただいた皆様! 全員まとめて愛してるぜ!」と、YU-DAI流の感謝の言葉が中野サンプラザいっぱいに響き渡り、その後会場は銀テープがキラキラと降り注ぐ。たくさんの拍手に包まれながら、何度もお礼を言い、メンバーはステージを後にした。

アンコールでは、まずはメンバーそれぞれが想いを語る。

まずTφRUから、「今までありがとうございました、また何年後かに会いましょう」と挨拶し、JUNROが「今日もとっても楽しかったです! ありがとうございました!」とお礼を述べた。

そしてハルキが「9年間、僕だけが見た景色というのがあって、メンバー3人の背中は僕からしか見えない。とても大きくて」というところで「そんなこと無いよ俺は赤ちゃんだから小さいもん!」「確かに俺は肩幅は広いけどね?」とYU-DAIとJUNROが水を指す。「今、ハルキくんの番なんで黙っといて?」とTφRUがたしなめ、ハルキは「これからもこの背中を追いかけ続けていけたらと思います」と続けた。こういう自由な掛け合いもセクアンらしさ。しばらく聞くことができなくなりそうなのが残念である。

「本当に最高の景色を見せていただきました、ありがとうございました」と最後にYU-DAIがまとめた。

アンコールは、JUNROのベースから『狂乱天国』、『哀しみは川に流して飛べ』では「まだまだいけるはずなんだよ! だってここは中野サンプラザだから!」と叫ぶYU-DAI。『ホワイト・ロックンロール・スウィンドル』ではステージに座り込んでギターを掻き鳴らすTφRUが印象的だった。

ダブルアンコールの声に勢い良くステージに飛び出してくるYU-DAI。「本当にびっくりするくらい時間無いから!」と、自分の誕生日が近いことに触れ『バースデー』、『ラムネとダーリン』といった湿っぽい雰囲気を打ち払うように明るい曲調の曲が続く。最後の最後はセクアンのハングリー精神を体現するような『カリスマデス』で締めくくられた。

終演アナウンスが流れても観客の声はやまない。ステージセットが撤収されはじめると、その声はその場にいる人全員を称えるような拍手と変わる。最後まで暖かい空気に包まれたライブだったように思う。夢の舞台をあとにしたセクアンだが、彼らの夢のつづきを再び見ることが出来る日を願っている。

医者ROCK NEVER DIE!

セットリスト

1.グットモーニング・サブカルチャー
2.暴動男(と書いてライオットマン)
3.原宿ディスコティック
4.スパナ
5.ベリー・ベリー・ストロベリー
6.カナキリ声のメロディ
7.コトナカレシンドローム
8.オール・バイ・マイセルフ
9.スキマ産業狙イ撃チ
10.ナギナタベイベー
11.喘息少年
12.人間休業
13.ドロシー
14.前進、前進、又前進
15.おめかしのカリスマ
16.メンタル日和
17.九十九里浜ロマネスク
18.キャロル
19.発狂ロリポップ
20.シャバドゥビダ01
21.トゲオ
22.ジェット・スターダスト・キャバレー

アンコール1
1.狂乱天国
2.哀しみは川に流して翔べ
3.ホワイト・ロックンロール・スウィンドル

アンコール2
1.バースデー
2.ラムネとダーリン
3.カリスマデス

リリース情報

DVD今秋発売!詳細は近日発表致します。