バルサ移籍騒動のコウチーニョ残留濃厚 クラブやサポーターとの関係にヒビも修復希望

写真拡大

リバプールは非売品の姿勢鮮明、バルサ獲得断念か 残留で信頼を取り戻せるか

 今夏の移籍市場で去就が注目されているリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョだが、クラブが“非売品”という姿勢を鮮明にしており移籍を断念。

 クラブやサポーターとの関係修復を求めているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 コウチーニョは、スペインの強豪バルセロナがブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンに2億2200万ユーロ(約290億円)という巨額の移籍金で売却したことにより、後釜の候補に浮上。本人もバルセロナへの移籍に前向きで、移籍志願をクラブに出していた。

 しかし、クラブはコウチーニョに対する“非売品”の姿勢を変えることなく状況は推移。バルセロナは1億ユーロ(約128億円)を越えるオファーを複数回にわたってリバプールに提示したものの、その交渉が実ることはなく、バルセロナとコウチーニョは双方ともに移籍を断念したとされる。

 それにより、リバプールでのプレー継続が濃厚となったコウチーニョ。しかし、移籍希望を明らかにしたことなどからクラブやサポーターとの関係にヒビが入ってしまったようだ。コウチーニョはその関係修復を求め、厄介者扱いではなく平和の内にプレーを再開しいという希望を持っているという。

 ユルゲン・クロップ監督は貴重な戦力であるコウチーニョをこれまでと同様に受け入れる姿勢を示しているとされるなか、一時は強硬姿勢を見せたコウチーニョはクラブや熱狂的なアンフィールドのサポーターからの信頼を取り戻すことができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images