ブラジル東部で上空に奇妙な形の雲が(画像は『Jornal Folha do Estado BA 2017年8月19日付Instagram「Nuvem em forma de ‘flecha vermelha’ viraliza e chama atencao em Teixeira de」』のスクリーンショット)

写真拡大

ブラジル東部の沿岸の町で数日前、奇妙な形をした雲が突然現れた。大きな地震など不吉なことが起きる前兆として上空にミステリアスな雲が現れることもあるため、人々は「軽視できない」と大騒ぎになっていたもようだ。

【この記事の動画を見る】

歯科医などが使用する切削研磨バーのような形をした、燃えるようなオレンジあるいは紅色とたとえられたその細長い雲。リオデジャネイロから900kmほど北東に位置する沿岸の町テイシェイラ・デ・フレイタスの上空に現地時間の17日午後、こんな奇妙な雲が現れて市民を騒然とさせた。撮影された写真や動画はSNSであっという間に拡散したが、雲は5分ほどで跡形もなく消えてしまったという。

角度によってはプラスドライバーの鋭い先端のようにも見えたというその雲。晴れわたる空の一点から突然何かが落ちてきたかのようでもあった。日没時の赤い雲はそう珍しいものではないが、形が奇妙であるだけに市民は「これは竜巻か隕石か」と大騒ぎしたとのこと。英メディア『Daily Mail』などが、後に地元の気象学者がその雲について「大気中の塵を多く含んだ“dust cloud”と考えられる」と解説したことを報じている。

2015年の5月には米テキサス州東南部で、UFO型をした薄紅色の雲が出現してはまもなく消えるということを繰り返し、人々を驚かせたことがある。専門家はそれを「極めて珍しいレンチキュラー雲」と説明。暖かく湿った空気の層が涼しい山と山の間などの地形に流れ込むと輪状の雲が形成されるとし、しかし強い推力が生じるためすぐに消滅するという。

画像は『Jornal Folha do Estado BA 2017年8月19日付Instagram「Nuvem em forma de ‘flecha vermelha’ viraliza e chama atencao em Teixeira de」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)