新宿歌舞伎町でもヤクザと半グレの間に微妙な力関係の逆転が起きているという

写真拡大

 暴排条例適用の厳格化により、全国的に暴力団は“活躍の場”を奪われ、もはやマンガや映画の世界のようにシノギを続けることは厳しくなってきた。そして彼らヤクザ者に変わって台頭してきたのが、いわゆる半グレと呼ばれる不良たちの集まりである。

 報道されているように、彼ら半グレは特定の事務所やヤクザ組織のような名簿も持たない。そのため、実態が掴みにくく、それでいてヤクザ者よりも先鋭的に犯罪行為を行っている。なかにはヤクザ者を食いものにしたり、抗争によって力で勝るという事態も起きているのだ。

 こうした状況を現役の暴力団担当の刑事、いわゆるマル暴のデカは苦虫を噛み潰す思いで見ているという。

「組織化されているヤクザと違い、半グレと呼ばれる人たちは組織化されていないのが特徴。二大巨頭が関東連合と中国系マフィアの怒羅権(ドラゴン)。怒羅権は初代のZという男がトップを張っているということが分かっているが、名簿もないし、その下がどのような組織図になっているのか一切はっきりしない。ヤクザだったら、一次団体、二次団体とピラミッドがはっきり分かるようになっている。だから、殺しがあった際には、目星をつけた組に別のフダをもってガサをやったりすると、たいてい解明できるんだよ。でも、半グレには事務所というものもないし、名簿もないし、組織図もない。そのため、悪いヤツが自由に悪いことができる土壌になってしまっている。しかも、ヤクザにはシマがあるから、ある程度の見当をつけやすいけれど、半グレにはシマの概念もないから、ジャングルの弱肉強食状態というのが現状なんだ」

 苦々しい顔でアウトローの現状を語ってくれたのは、マル暴デカのX氏だ。X氏によれば、半グレたちの「組織化されていない組織」というのが、今、大きな問題となっていると言う。

「日本において、ヤクザは統制の効く悪の組織。組織化されていて、名簿もしっかりとある。そのため、警察との間で“落としどころ”ができていた。関東ではヤクザが会合を開いて組長同士が集まっていろんなことを話すんだ。例えば『今、●●の件で警察が動いている。〇〇組と▲▲会がいざこざを起こしているけれど、拳銃を使った殺し合いは厳禁だ』というようなことも話し合っている。そのため、警察に踏み込ませない、警察は踏み込まないという“秩序”が保たれている。この秩序がなくなったのが、今の関西の山口組と福岡。そうなるとメディアを使って、ヤクザつぶせキャンペーンをしたり、どんどん逮捕していくんだ」

 こうした裏取引とも取れることまでして、警察はヤクザを巧みにコントロールしているとX氏は言う。だが、アウトローの世界では、こうした統制の取れたヤクザ組織は法律によって弱体化してしまい、半グレたちはヤクザすら食いものにする状況になってきているとX氏は指摘する。

「一例を挙げると、某暴力団が新宿のとあるビルのみかじめ料を一棟全部取っていたんだ。だが、それをめぐって半グレたちが組事務所に乗り込んできた。組事務所にいつも詰めているのは、たいてい2〜3人。電話すれば、10分で組員がかけつける状態にはなっているが、一気に何十人という猛者が事務所におしよせてきてしまうと、ヤクザでも手も足もでない。結局、ヤクザが折れて、共存しましょうということになった。本気になったら、連中はヤクザ以上に平気で殺しをやるし、集まってくる人数も半端じゃない」

 半グレたちは普段、様々なところで普通に働いているという。飲食店や工事現場、中には会社員も……。だが、ひとたび集合が掛かれば仕事を放り投げ、クビも辞さない覚悟で集合するとX氏はいう。上野ではドラゴンの揉め事が起きた際、ものの10分足らずで100人以上のメンバーが集結したという。