約30年ぶりというプロアマ戦に参加した小泉純一郎元総理(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ニトリレディス 事前情報◇23日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>
24日(木)より開幕する国内女子ツアー「ニトリレディス」。開幕を前日に控えた23日(水)、小泉純一郎元総理がプロアマに参加した。
話題沸騰中!“セクシー・クイーン”アン・シネ写真館
プロアマに参加するのは「30数年ぶりに出たきり」という小泉氏。これまでは大勢の人がいるから、とお断りしていたが、今回はニトリホールディングスから直々にお願いがあったため参加したという。「ニトリさんにはトモダチ作戦(小泉氏が設立した東日本大震災で救助に当たった米兵のための基金)で1億円も寄付していただいた。そんなニトリさんから言われたら出ないわけにはいかないです。私にできるのはそれくらいですから」と経緯を説明した。
ゴルフは大好きで今も毎月2〜3回しているという。「ゴルフは父子、祖父と孫、老若男女、技術レベル問わず一緒にできるスポーツ。今日1万8,000歩くらい歩いたが、普通にそのくらい歩こうと思ったらつらいけど、ゴルフ場なら出来ちゃう。とても良いスポーツだと思います」と素晴らしさをアピール。女子ゴルフも家でテレビで見たりすると言い、話題のアン・シネ(韓国)については「名前は知ってるよ。ただ、この歳になると顔と名前が中々一致しなくてね(笑)」と苦笑いしながら答えた。このことを伝え聞いたシネは「本当ですか!?とても光栄です」と目を丸くしていた。
ゴルフの更なる発展に必要なのは「スターの存在」と小泉氏。「野球界で言えば清宮くん(早稲田実業)、古くは王、長嶋のようなスターが出ないとね。松山も頑張ってるし、遼くんにももう少し頑張ってもらいたいね。そうすればもっとゴルフ界は良くなると思う」とアメリカで戦う2人の更なる活躍を望んでいた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ステップ・アップ・ツアー開催中!フレッシュ美女ゴルファーをLIVEフォトでお届け
飛行機でバッタリ!頼れる先輩からアン・シネにアドバイス
松山英樹、プレーオフシリーズ初戦で優勝候補筆頭に
石川遼は42位で入れ替え戦へ「頑張って来季もPGAツアーで」
【バケモノたちの使用ギア】松山英樹の新パター、『TPコレクションMULLENプロト』はなぜ入る!?