思わず会見場に笑いも… 松山の「パター5本練習」に脚光「彼は冗談を言ってない」

写真拡大

完璧主義すぎる松山、現地記者もジョークと勘違い「木曜日のティーまで絞ることない」

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦ノーザントラスト(グレンオークスC)は24日に開幕する。世界ランク2位の松山英樹(レクサス)は大会初日まで5種類のパットをテストする完璧主義者ぶりに米メディアが注目。メジャー初優勝を逃した全米プロゴルフ選手権のリベンジモードに突入している。

「ヒデキ・マツヤマは5本ものパターで練習を続ける。木曜日のティーまで1本に絞ることはない」と特集したのは、米専門メディア「ゴルフダイジェスト」だ。

 松山は先頃、一般女性との入籍と第1子誕生を発表し、海外メディアを驚かせたが、「運命の1本」を模索する完璧主義者ぶりがクローズアップされている。

「自分がどのパターを使うのか、わかればいいんですけど。だからこそ、5本で練習しています」

 記事によると、ツアーで凌ぎを削るライバルが認める努力家は、記者会見でこう語った。しかし、ノーザントラスト開幕を控えたシーズン終盤に5種類のパットをテストしていた事実に、会場はジョークだと勘違いし、笑いが起きたという。

「5本のパターだって? ハハ、そいつはいいね、ヒデキ! しかし、彼は冗談言ってない」

 記事では「5本のパターだって? ハハ、そいつはいいね、ヒデキ! しかし、彼は冗談を言っていないのだ」とレポートしている。

「おそらく木曜日の朝、キャディーは1番ホールにパター5本持ってくると思います。そこから1本を選びます」

 松山はこう締めくくったという。今月のブリヂストン招待で米ツアー通算5勝目をマーク。最終日には1イーグル、7バーディー、ノーボギーで「61」という圧巻のチャージを見せながら、その数日後にAブレードとマレットタイプのパターを居残りでテストし、米メディアの驚きを呼んでいたばかりだった。

 だが、今回はパター5本を試す徹底ぶりは、最終日に一時首位に立ちながらもバックナインの失速で自身初のメジャー制覇を逃した全米プロゴルフ選手権のリベンジの気持ちの表れに他ならない。

 記事では最終日16番の短いパーを外したことが、「優勝者のジャスティン・トーマスを追う上で、勢いを殺してしまった」とも指摘されている。

パッティングの向上こそが、さらなる進化への活路と睨む松山「まだまだ不安定です」

「パッティングはまだまだ不安定です。去年のアップダウンは若干減りましたが、もし自分のスコアを向上させるにはパッティングを成長させることになる」

 松山はこのように語り、パッティングの向上こそが、さらなる進化への活路と睨んでいる。

「プレーヤー・オブ・ザ・イヤーについては本当に考えていません。今はフェデックスカップのチャンピオンになることに集中しています。それ以外はなるようになるだけです」

 今大会はPGAのパワーランク格付けでも1位に推され、V本命とみられている松山。飽くなき向上心を誇る25歳は、男子ツアーの頂点に立つことができるか。どのパットを手にしてグリーンに現れるかにも大きな注目が集まっている。