ナポリが獲得に興味を示すMFデニス・スアレス写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナに所属するMFデニス・スアレス、MFアンドレ・ゴメスが、それぞれイタリアのナポリ、ユベントスから獲得を狙われているようだ。複数の伊紙の報道を引用し、スペイン紙『アス』が報じた。

 伊紙『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、昨季国内リーグを3位で終えたナポリは、デニス・スアレスを新シーズンに向けた重要なピースと考えており、クラブ幹部は同選手獲得に向け具合的なオファーを提示する意思を示しているようだ。

 一方、伊紙『トゥット・スポルト』は、ユベントスがA・ゴメスの獲得を推し進めていると報じ、既に同選手の代理人との話し合いは何度か繰り返されているようだ。具合的には、買取りオプション付きの1年のレンタル移籍で話が進んでいる。

 新指揮官エルネスト・ベルベルで監督の就任や、ネイマールの退団により過渡期にあるバルセロナは、人員整理のため何人かの選手の売却を検討している。それがこの2選手となるのかどうか、今後の動向に注目だ。

text by 編集部