画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは8月23日、Firebox M Seriesアプライアンスのハードウェアアップグレードモデルとして「M370」「M470」「M570」「M670」の4モデルを発表した。

M470、M570、M670では増加している暗号化Webトラフィックの処理に最適化されており、Copper/Fiber対応のポートも追加されており、ユーザはネットワークモジュールを追加することでCopperまたはFiberのポートを増設し、中堅規模企業のデータセンタにおける10G光ファイバー回線の増加などにも対応することを可能としている。

また、新モデルではすべてのセキュリティ機能を有効にした環境での、暗号化トラフィックのインスペクション時のパフォーマンスも改良し、独立系テストラボのMiercomでの検証レポートによるとM370は、HTTPSのフルインスペクションを他社のソリューションと比較して94%上回るスピードで実行したという。

さらに、M370以外の新モデルには、ポートを追加できる拡張スロットが用意されており、4x10GbFiber、8x1GbCopperまたは8x1GbFiberのネットワークモジュールの利用を可能としている。

加えて、新たに採用されたチップセットにより、すべてのセキュリティサービスを有効にした状態で、HTTPSコンテンツインスペクション、ならびにトラフィックの高速処理においてパフォーマンスを発揮するという。