【ビルボード】DAOKO×米津玄師「打上花火」がアニメ・チャート断トツ首位、2位は祭nine.

写真拡大

 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌、DAOKO×米津玄師「打上花火」が今週の“JAPAN Hot Animation”で2週連続となる首位を獲得した。

 CDのリリース後初の集計となった「打上花火」は、先週から総合ポイントを約3倍も伸ばしラジオの再生回数、ダウンロード、動画の再生回数、Twitter、ストリーミングの5指標で首位を獲得し、他を寄せ付けないデジタル領域の強さを見せた。またセールスが4位、ルックアップでも3位とフィジカル領域でも上位に入っている。8月18日に公開された映画もすでに大きな話題となっていることから次週以降の同チャートでも勢いを維持できる可能性は高い。引き続きチャート・アクションに注目していきたいところだ。

 また、“BOYS AND MEN研究生”の選抜メンバー7名による祭nine.のメジャー・デビュー曲でありTVアニメ『デュエル・マスターズ』のエンディング・テーマに起用されている「嗚呼、夢神輿」が、圧倒的なセールス・ポイントで2位にチャート・インした。

 そして、3位に入ったのは、TVアニメ『Fate/Apocrypha』のオープニング・テーマであるEGOISTの「英雄 運命の詩」。この楽曲はCDリリースに先駆けたダウンロードのポイントが牽引する形で7月24日付けの同チャート12位に登場、その後いったん落ち着いたものの先週7位にチャート・インし、今回リリース後初めての集計でTOP3にジャンプ・アップした。ダウンロード4位、セールスとルックアップで2位を獲得していることから、楽曲に接触していた人ががパッケージを購入し、さらにPCに取込み聴き込む、というリスナーのアクションがわかる結果となった。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「打上花火」DAOKO×米津玄師
2位「嗚呼、夢神輿」祭nine.
3位「英雄 運命の詩」EGOIST
4位「RAIN」SEKAI NO OWARI
5位「10% roll,10% romance」UNISON SQUARE GARDEN
6位「ピースサイン」米津玄師
7位「かなしいうれしい」フレデリック
8位「メロディアス・ムーンライト」月読調(CV:南條愛乃)
9位「DAYBREAK INTERLUDE」TRIGGER
10位「前前前世」RADWIMPS