新潟を拠点に活動するNGT48のキャプテン・北原里英(26)が、来春をめどにグループから卒業することが21日、わかった。2年前にメンバーを初お披露目した新潟市歴史博物館みなとぴあで開催された『NGT48お披露目2周年スペシャルLIVE〜みなとまち新潟をもりあげちゃいます!〜』で自ら発表した。

 2回目の公演が残り1曲となったとき、北原が「私から報告があります」と涙声で切り出し、「私、北原里英はNGT48を卒業します」と発表した。「本当に皆さんの支えがあって、きょう2周年を迎えることができました。いま、NGT48は勢いのあるグループだと思うし、活動していてとてもやりがいがあるし、楽しいです。とても悩んだし、考えました。だけど決断させていただきました」とあいさつした。

 事前に知らされていなかったメンバーは絶句したり絶叫したり…。自身をドラフト会議で指名してくれた北原の卒業発表に、6月の総選挙で5位に躍進した荻野由佳(18)はその場で崩れ落ちて号泣。北原から最後の曲「Maxとき315号」の曲フリを頼まれた高倉萌香(16)は「やだー!」と泣き叫んだ。

 ライブ後、自身のツイッターでも「わたし、北原里英は、NGT48を卒業します!」と報告。「ついにこの一言を言う日が来ました。驚かせてしまってすみません。来年の春頃までNGTのキャプテンとして、最後まで頑張ります!これまで以上に、NGT48の応援をよろしくお願いします。メンバー、ファンのみなさん、スタッフさんみんな大好きです!」とつづった。

 北原は2007年10月、指原莉乃(24、現HKT48)、宮崎美穂(24)らとともにAKB48の5期生として加入。08年10月、10thシングル「大声ダイヤモンド」で初選抜された。12年8月の組閣ではSKE48との兼任が発表され、14年4月に解除。15年3月の「春の人事異動」でNGT48へ完全移籍した。総選挙は第1回から13位→16位→13位→13位→21位→19位→11位→12位と推移し、ラストの今年は自己最高の10位で有終の美を飾った。

 ライブ後の囲み取材では卒業後の活動について「AKB48に入る前からの夢であった女優さんを目指して、ゼロからのスタートになるのですが、お芝居を中心に活動をしていければいいなと思っています。そして自分の活動が、少しでもNGT48のためになるように、キャプテンをやっていたということに恥じない活動をしていけたらなと思っています」と話していた。

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/