リニューアルした「よなよなエール」

写真拡大

 ヤッホーブルーイングが、 代表ブランドであるクラフトビール「よなよなエール」のレシピを発売以来初めてリニューアルする。9月中旬からよなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS」や一部のクラフトビール専門店などで先行発売し、10月中旬からスーパーやコンビニなどの店頭で順次切り替え販売が行われる。価格は税別248円。
 「よなよなエール」は、「家庭でも飲める手軽な本格エールビール」をコンセプトに1997年に発売。販売量は10年で10倍まで増加しており、発売20周年の節目となる今年は集大成として新たな「よなよなエール」が開発された。
 リニューアルでは、最大の特徴である柑橘類を彷彿とさせる香りを最大限に引き出すため、 アロマホップ「カスケード」を増量したほか、ホップの品種を見直しブレンドを変更。3年にわたる開発期間を経て、余韻が長続きする柑橘のフレッシュな香りを実現した。パッケージデザインは、リニューアルによって進化した香りの特徴を、 月の黄色と麦畑の緑色を明るくすることで表現。 缶の裏面は「よなよなエール」の「飲むと自分の中に眠っているもう一人の自分になれる」というブランドストーリーを表現した、夜に浮かぶ月に向かって渦を巻いた文字が描かれる。なお、リニューアル後の「よなよなエール」の販売目標は前年比140%を掲げている。