デビュー戦でゴールを決めたMF本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間22日に行われたメキシコリーグ第6節ベラクルス戦で、鮮烈なデビューを飾ったパチューカ所属の日本代表MF本田圭佑。試合後のファン対応が話題を呼んでいる。メキシコ紙『レコルド』が報じている。

 この日途中出場でのデビューとなった本田は、72分にカウンターの流れから左足で豪快なシュートを叩き込み、メキシコでの自身初ゴールを決めた。試合は4-1でパチューカの勝利に終わり、さっそくチームの勝利に貢献することができた。

 しかし試合終了後、勝利の喜びをチームメイトとわかちあっていた本田に向かって一人の少年が飛びついてきたのだった。無理やり手を引っ張った少年だったが、警備隊の誘導に従った本田はそれを完全に無視し、その場を後にした。

 これには批判的な意見が寄せられているが、一方でサッカー面ではデビュー戦でいきなりゴールを決めるなど、本田は実力でもってファンの心を掴んでいっている。

text by 編集部