マーリンズのイチロー【写真:Getty Images】

写真拡大

スタッツキャスト導入後自己最長の132m弾、地元ファン大興奮「ICHIGOAT!」

 米大リーグのマーリンズ・イチロー外野手が22日(日本時間23日)の敵地フィリーズ戦の7回に代打で登場し、決勝3ランを放った。MLBのデータ解析システム「スタッツキャスト」は、イチローの今季3号を飛距離432フィート(132メートル)と算出。システムが導入された2015年4月以降、自己最長弾となった驚きのデータを紹介すると「高級ワインのよう」「アメージングだ」と地元ファンから称賛の声が集まっている。

 イチローの衝撃の一発は、最新鋭システムで詳細に解析された。3-3で迎えた7回無死一、二塁の好機でイチローは登場。すると、先発ノラの速球を捉え、最深部の右中間席付近に位置するブルペンまで運んだ。

 スタッツキャストでは、初速が100.3マイル(約160キロ)、発射角度は29度、そして、飛距離を132メートルと算出。公式ツイッターでは「432フィートで、イチローはスタッツキャスト時代で最長のホームランをかっ飛ばした」とレポートしている。

 43歳のベテランが見せつけたホームランに、地元ファンも大興奮といった様子で、返信欄も盛り上がった。

衰え知らずの43歳に称賛「彼とトム・ブレイディは衰えることは絶対にない」

「高級ワインのようだ」

「あの型破りなスイングであんなパワーを生み出せるなんてアメージングだよ」

「この男は不老だ」

 こうした称賛の声に続き、「ICHIGOAT!」というイチローの名前と「Greatest of all time(史上最高)」の頭文字(GOAT)を掛け合わせた造語まで飛び出していた。

 さらには「彼とトム・ブレイディは衰えることは絶対にない」とNFLペイトリオッツの40歳の天才QBと並べて永遠の存在と賛辞が送られている。

 43歳にして見せた恐るべきパワーで、イチローはこの日のMLBの主役となった。