PSGに所属するアンヘル・ディ・マリア【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナが22日、公式ツイッターを通じて「アンヘル・ディ・マリア、バルセロナへようこそ!」とツイートした。パリ・サンジェルマンに所属する同選手の獲得を示唆する文章だったため、1万を超えるほどリツイートされている。ただ、これはハッキング被害による誤報のようだ。

 このツイートに続けて「やぁ、バルセロナ。OurMine(セキュリティーグループ)です。我々に連絡をください。デマを流してすみません(笑)」とつぶやき、最後に「#FCBHackをツイッター上のトレンドにしよう」とつぶやいた。後にこれらのツイートは削除されている。

 OurMineはサウジアラビア系のハッカー集団のことで、過去にFacebookの創業者マーク・ザッカーバーグ氏のアカウントを乗っ取ったことで世間を騒がせていた。

text by 編集部