財布に入れた予備名刺をグシャッとしないスマートケースがカッコいい!

写真拡大 (全8枚)

いざというときのために財布に予備の名刺を何枚か入れているという人は多いでしょう。しかし、その “いざ” のときに名刺を取り出してみたら、角が折れていたり汚れてしまっているなんてことも!

そんな残念な状態を防いでくれるのが、財布に入る名刺入れ「KEEP SMART」。名刺を3枚入れてもクレジットカード1枚分の厚さという極薄のステンレス製です。

思いがけず名刺が必要になった、もしくは名刺が切れてしまった、うっかり名刺入れを忘れてしまった…。そんな非常事態はたまにあるもの。長いこと財布に入れっ放しだった予備の名刺はボロボロで、「こんな汚い名刺しか持ち合わせておらず、申し訳ありません」なんて渡すのも気まずいものです。

そんな事態を防ぐべく生まれたのが「KEEP SMART」。板厚0.2mmのステンレス鋼板を中央部で折り曲げた名刺ケースで、これまでにない薄さが魅力のアイテムです。

採用したステンレス鋼板は、アウトドアナイフのクリップにも使われているバネ材で非常にコシがあり、しっかり名刺を挟み込みます。しかし、普通の名刺入れよりも名刺同士が密着するため、名刺同士のインク移りが発生するのが心配です。

そこで、名刺1枚の約半分の薄さであるステンレス鋼板の板厚0.1mmの仕切り板を2枚採用。しかも、この仕切り板と名刺を3枚入れても、クレジットカード1枚分の厚みという極薄を実現。これなら、財布やスマホケースに入れてもかさばらず、いつでもキレイな名刺を取り出せそう。緊急時の使用が想定されるため、名刺も3枚ほど入れば十分だという考え方です。

「KEEP SMART」を開発するのは、“刃物の町” 岐阜県関市で創業50年近い歴史を持つ金属プレス加工メーカー・ツカダ。昨年、ポケットにしのばせる6in1鍵型便利ツール・Key-Quest(キークエスト)がヒットとなりご存知の方もいるかもしれません。その確かな技術力で、精密な面取り処理を施しているため、薄い金属にもかかわらずエッジで怪我をする心配もなし。

注意したいのは、シンプルに1枚の板で挟み込む構造のため、単体で上着の内ポケットなどでは名刺が外れてしまう可能性が。あくまでも、財布やスマホケースのポケットなどに入れて使用するつくりとなっています。

“いざ” というときに助かる「KEEP SMART」は、現在クラウドファンディングサイト・Makuakeにてプロジェクトを展開中。8月22日現在で、すでに300%以上の支援を得て目標金額を達成しています。コースは20%オフの2800円から用意されているので、デキるビジネスマンを目指す人はぜひ手に入れて。

>> Makuake「KEEP SMART」

 

(文/&GP編集部)