SPAL、サンプドリアからU-20イタリア代表FWボナッツォーリを獲得

写真拡大

 SPALは22日、サンプドリアからU-20イタリア代表FWフェデリコ・ボナッツォーリをレンタルで獲得したことを正式発表した。

 1年間のレンタル移籍で、完全移籍のオプションが付く契約を締結。背番号は9を身に着けることとなった。また、サンプドリアは同日にボナッツォーリと2021年6月30日まで契約を延長したことも正式発表している。

 現在20歳のボナッツォーリはインテル下部組織の出身。2013年12月のコッパ・イタリア、トラーパニ戦で16歳の若さでプロデビューを果たした。2015年夏にはサンプドリアに移籍。2016年冬にはヴィルトゥス・ランチャーノ、同夏にはブレシアにレンタル移籍し、今夏はサンプドリアに復帰していた。

 同選手は開幕節のベネヴェント戦に出場し、セリエAでは通算10試合に出場しているが、まだゴールはない。